South by Southwest

COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:下飼 凌太】THE TOMBOYS:多様な音楽を飲み込んだ四人組のおてんば娘

2010年代の後半になってくると星野源やSuchmos、D.A.N.といったブラックミュージックから…

COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:出原 真子】Roan Yellowthorn:流麗な調べに潜むスリル

今年のSXSW出演バンドの中で、Roan Yellowthornを観たい。そして彼らの流麗なメロディ…

COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小川 あかね】Alice Longyu gao:セーラームーンからインスパイアを受けている、中国出身の女性アーティスト

2020年のSXSWには、明らかにセーラームーンからインスパイアを受けている、女性アーティストが出演…

COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張していくエレクトロニック・ミュージック

「K-POPという言葉の指す範囲が広がっている」それは日本で受動的に情報を受け取っているだけでは感じ…

COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:キドウシンペイ】Emma Jean Thackray:UKジャズシーンのライジングスター

今、アメリカ西海岸やサウス・ロンドンを中心に、ヒップホップやR&Bなどとクロスオーバーしながら多様な…

COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:高田 和行】Shygirl:UKでも最もホットなスポットとされているサウスロンドン出身のフィメールラッパー

アメリカのテキサスで行われるSXSWは、その年の音楽の動向が現れると言われるのは有名な話だ。今年も地…

COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:今岡 陽菜】Pom Poko:ノルウェー出身、北欧のジャズ名門校トロンハイム音楽院の出身の4人組バンド

正直、できることならオースティンに行って色んなバンドが見たい。私は、3年前の2017年に、おとぼけビ…

REPORT
【SXSW2019】「ボーダーを越えていく」いまの時代のインディーミュージックのあり方

SXSWミュージック・フェスティバルの取材テーマに「いまの時代のインディーとは何か?」を与えられた。…

REPORT
クリエイターが集まる『Flatstock・SXSW Marketplace』

街は音楽が溢れるSXSWの後半に突入。インタラクティブの中心イベントTRADE SHOWが終わったコ…

REPORT
【SXSW2019】インタラクティブの「変化」を読み解くと、そこにはSXSWからのメッセージがあった

2018年に続いて、今年もSXSWに参加をしてきた。アンテナが注力取材をしているSXSWミュージック…

MONTHLY RECOMMEND
何者でもなく自分になる
MONTHLY RECOMMEND
何者でもなく自分になる