COLUMN

【ウサギバニーボーイが見た広島】第15回

MUSIC 2016.08.02 Written By ウサギバニー ボーイ

どうも記事の更新がついに亀歩になりつつあるウサギバニーボーイです。
そして、久しぶりに記事を更新したかと思うと宣伝です。
僕、今自身の利益のために動いてます!
よろしくおねがいします。

 

 

といういやらしさが満開に花開いたところでそう宣伝&喧伝でございます。

 

 

今回、広島云々はいつも以上に度外視してお送りしております。

 

 

以前、アンテナさんにもご紹介いただきましたが、
近く8月17日にウサギバニーボーイ3枚目のアルバム「ウサギバニーボーイさん」が発売されます。
「ウサギバニーボーイ1」「ウサギバニーボーイ2」と発売し、みんなにいつ「ウサギバニーボーイ3出すんですか?」と問われるたびに、「これじゃ、予定調和なタイトルじゃねぇか。」と思った僕が期待は裏切らず、予定調和にさせないタイトル「ウサギバニーボーイさん」を考えつきました。

 

 

そう、言い方は予定調和のままですが、今回は意味が「3」ではなく敬称の「さん」です。

 

 

敬称の「さん」を用いることで今までの白地に黒文字でバンド名を書くといった潔い手抜き感のジャケデザインから、今のウサギバニーボーイを形成するウサギバニーボーイさんたち(ま、メンバーですね。)の絵を描いてもらうことにしました。今回、絵を手掛けてくれたスカイ膣ハリケーンには感謝です。

 

 

ちょっと横道に逸れますが、僕の記事なので雑草をかき分けて、横道ぐんぐんに入りましょう。
スカイ膣ハリケーンは、奈良県出身の美大卒の立派なメン○ラです。
結構可愛らしい風貌なのですが、とてもどぎつい下ネタを好みます。
あと自身のことをブスと自覚しているためか、ブスに非常に厳しい言葉をtwitter上のみで吐きます。
僕はこの毒tweetがとても好きです。

 

あと奈良県出身のためか京都の人を見かけると強い妬みを露わにするので気をつけてくださいね(笑)。
また、奈良県出身のため和歌山、滋賀の方には強いシンパシーを感じていますので、もしどこかで知り合うことがあれば、奈良、和歌山、滋賀の方はそのシンパシーをくすぐる言葉をかけてあげてくださいね。

 

横道終わり

で、そうそう「ウサギバニーボーイさん」が発売されるんですよ。
京都のみなさんにも縁があるであろう京都グローリーのA齋くんのレーベルから発売されますんで、
京都でもたくさん売れると信じています。
※ここで売れるというのは、京都では渡ろうとする信号が強制的に青に変わったという都市伝説をお持ちのA齋君から急に電話がかかってきて「あっ!○○くん、CD買ってや。ウサギのCD5枚。これノルマだから ガチャ」という声掛けに震えて、しぶしぶ権力に従い購入しても売れるですし、A齋君が職場などで後輩に「おぉい!何、盛大にミスってくれとんなら。罰としてウサギのCD5枚な。」と声をあげ、しぶしぶ権力に従い購入しても売れるにカウントします。だから、京都でウサギのCDは売れると信じてます。僕。
本線に戻ってもろくな話じゃないですね。

 

 

と、いうことで先日MVを公開しましたので、聞いていただきましょう。
「1000の真理」

はい、聞いていただいたのが、本アルバム5曲目の「1000の真理」です。何故5曲目がMVなのかというと仕上がって聞いたらみんながこの曲いいっすね。って言ったから、これで作ったんです。他にもリード曲と呼ばれる押し曲もありますので、みなさまよろしくおねがいします!!

 

あと、MV公開に併せて、市販品にウサギのステッカーを貼った商品が当たるキャンペーンも実施してます。詳しくは、こちらから

 

 

それでは、みなさま「ウサギバニーボーイさん」を京都のどこかで買ってくださいませ。よろしくおねがいします。

タイトルウサギバニーボーイさん

 

発売日2016年8月17日

価格1500円(税別)

 

収録曲

M1. 太鼓ポップ

M2. 問いかける細胞

M3. ゴレンジャー

M4. 東大息子

M5. 1000の真理

M6. 左脳

M7. VSご長寿

M8. 窓の外

よろしくお願いします~。

本当に終始、宣伝&喧伝(笑)。ここまでご覧いただき、ありがとうございます!

WRITER

Recent Posts

COLUMN
彼方からの手紙「ウサギバニーボーイが見た広島」第18回:健康
COLUMN
彼方からの手紙「ウサギバニーボーイが見た広島」第17回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第16回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第14回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第13回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第12回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第11回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第10回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第9回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第8回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第7回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第6回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第5回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第4回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第3回
COLUMN
【ウサギバニーボーイが見た広島】第2回
COLUMN
【 ウサギバニーボーイが見た広島】第1回

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

REVIEW
CIFIKA – HANA

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 誰もが自分の言葉で語れるきっかけをくれる場所〈THEATRE E9 KYOTO〉あごうさとしインタビュー

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

ART
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…