NEWS

書籍『こんにちは!さよふしぎたんていしゃです!2』発売中

ANTENNAのウェブ・ショップmallでも好評発売中の書籍『こんにちは!さよふしぎたんていしゃです!』の続編、『こんにちは!さよふしぎたんていしゃです!2』が12月7日(月)から発売中。

 

寄せられた多種多様な悩みに、さよたんていが回答していくInstagramの投稿が書籍化された前作より1年。ニュースや新聞、雑誌にも取り上げられ、大きな話題になったのも記憶に新しい。パート2の本作では、小学4年生になったさよたんていの回答がさらに冴えわたる。現代社会に生きる大人たちの悩みを時には優しく時には辛辣に受け流した回答は、子どもらしい茶目っ気を見せながらも、大人でもハッとさせられてしまう慧眼に驚かされること必至だ。

依頼内容と回答の一例

依頼117件への回答以外にも、たんていQ&A、私物紹介など掲載。初回特典として、さよたんていの視点が凝縮されたフレーズ“つまらない生活をすてろ”のホログラムステッカー付き。なにかと悩めるこの時代、さよたんていの回答に新たな視点を見出してみてはいかがだろうか。もちろんあなたの悩みを相談してみるのもいいだろう。

作品情報

 

 

書名:こんにちは!さよふしぎたんていしゃです!2
著者:さよたんてい(10歳) 
サイズ:A5サイズ
ページ数:60ページ

 

取扱店

 

mallホホホ座浄土寺店シカクサンリンシャ
他、江別 蔦屋書店、へんてこ屋、乃帆書房、ふやふや、REBEL BOOKS、SPBS 本店、本屋ロカンタン、本屋B&B、真鶴出版、オンセブンデイズ 長久手店 / 西尾店 / 四日市日永店 / オンラインショップ、キタの北ナガヤ内のGUILD、 ぽんつく堂 、風文庫 、1003、パンダ整体院、ワールドエンズ・ガーデン、soulact、451ブックス、私設図書館「さんさん舎」、ほんのみせ マドカラ、Gemisch、てしまのまど、なタ書、YOMS、太陽の眼、旅と猫と、ひとやすみ書店

 

Instagram

 

さよふしぎたんていしゃ

WRITER

RECENT POST

REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。