EVENT

ピーター・エマニュエル・ゴールドマン監督作品の特別上映

2020年11月28日(土)、60年代の若者たちの孤独や不安、そして衝動を描いた映画作家ピーター・エマニュエル・ゴールドマン監督の特別上映が京都みなみ会館で開催される。9月6日(日)に東京・渋谷ユーロライブで行われた同特別上映は即日完売と大きな反響を呼び、今回京都でも初公開されることとなった。

 

上映される『Echoes of Silence』(邦題:沈黙のこだま)、『Wheel of Ashes』(邦題:灰の車輪)はゴールドマン監督の現存する作品中、生涯で2本の長篇劇映画。ジョナス・メカスやジャン=リュック・ゴダールが絶賛し、ジャン・ユスターシュやストローブ=ユイレにも衝撃を与えた。『Wheel of Ashes』上映後にはミュージシャン・作家の中原昌也によるトークも開催される。

Echoes of Silence
Wheel of Ashes

1日限りの機会に、京都みなみ会館で鑑賞する体験ごと堪能して欲しい。

ゴールドマンは近年で最もエキサイティングな新人映画作家だ。
この処女作は驚くほど素晴らしい作品である。
ースーザン・ソンタグ

 

アンダーグラウンド映画とゴダール映画の長所をもって、友人たちの生活や感覚をシンプルな物語として紡いだ。……『Echoes of Silence』は非常に美しいテーマと形式をそなえた映画だ。
ージョナス・メカス

 

我々が敬愛するアメリカ映画作家は皆早熟だった。ホークスのキャリアもゴールドマンと同じ年頃に始まった。ゴールドマンは、すべて1人でやってのけた…偉大なアメリカ映画作家は増えてゆくだろう。すでにゴールドマンにクラーク、カサヴェテスがいるのだ。
ージャン=リュック・ゴダール

ピーター・エマニュエル・ゴールドマン

 

1939年NY生まれ。1964年にアメリカで処女作『Echoes of Silence』を監督し、イタリア・ペサロ映画祭で特別監督賞を受賞。メカスやソンタグらより国内で高く評価されただけでなく、ビエットやゴダールらフランスの映画人たちからも絶賛された。

65年に短編『Pestilent City』を監督。66年にパリに渡り、『Wheel of Ashes』(68年)を制作。だが、その後ゴールドマンは映画製作から離れ、ユダヤ人としてのアイデンティティに傾倒してゆく。

60年代に前衛映画作家として世界各国の映画祭で賞賛を浴びながら、NYとパリで撮られた2本の強烈な作品を残して映画界から離れていった、稀代な監督である。

上映作品

 

『Echoes of Silence』沈黙のこだま(1964年 / アメリカ / 74分 / スタンダード)

 

NYをさまよう20代の若者たちを記録した、ニュー・アメリカン・シネマの記念碑的作品。街をぶらつく若者たちのやりきれなさや衝動を、手書きのインサートタイトルとさまざまなレコードに乗せて描き出す。

 

 

『Wheel of Ashes』灰の車輪(1968年 / フランス / 95分 / スタンダード)

 

混沌とした世俗的な欲望と、心の平穏を神に求めるはざまで苦悩する青年の姿を描く。愛や真理を求めて68年のパリを彷徨う主人公をピエール・クレマンティが演じた。

上演スケジュール

日時

2020年11月28日(土)

13:30 『Echoes of Silence』沈黙のこだま
15:00 『Wheel of Ashes』灰の車輪
※二本立てではありません。
※上映後トーク付き   
ゲスト:中原昌也(ミュージシャン / 作家)

会場

京都みなみ会館

京都市南区西九条川原城町110

料金

各1,500円

チケット

京都みなみ会館Webサイト:https://kyoto-minamikaikan.jp/movie/8361/

主催

PigeonFilms

ゲストプロフィール

 

中原昌也
ソロユニット Hair Stylisticsとして活動するミュージシャン。
小説家・映画評論家・画家など活動は多岐にわたる。

WRITER

RECENT POST

REVIEW
ザ・ディランⅡ
COLUMN
たなからルーツ Shelf_01 - TheStoneThatBurns アベヒロキ –…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張してい…
INTERVIEW
確かさの揺らぐ現代における、孤独と共存の媒介者-烏丸ストロークロック『まほろばの景2020』インタビ…
ART
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
2002年の煽動、音楽が繋ぐこれまでと現在。ZOOZ始動インタビュー
INTERVIEW
諦めにも似た音楽への深い愛 – NYAI 2nd full Album『HAO』リリース…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 / Day3】MONO NO AWARE / 清竜人 / 在日…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 Day2】ハンブレッダーズ / Dos Monos / tri…
REVIEW
【3×3 DISCS】NYAI – OUT PITCH
REVIEW
【3×3 DISCS】HO17 – HOLIDAYS OF SEVENTEEN
INTERVIEW
1+1+1+1に成ったthe coopeezの無限大~京都ワンマンライブ直前インタビュー
INTERVIEW
Post Modern Team 3rdアルバム『COME ON OVER NOW』リリースインタビ…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day3】東狂アルゴリズム / OGRE YOU ASSH…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day2】接近!UFOズ / シンガロンパレード / H …
REPORT
今を生々しく鳴らす3組の、美しい物語の途中~『in-phase KYOTO』 @ 京都GROWLY …
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ③続ける人たち-
INTERVIEW
my letter×スーパーノアリリース対談「バンドって、辞めるほどのことじゃない」- 京都で活動を…
REPORT
ジャンルという言葉を簡単に越境するWhy?という体験 WHY? Japan Tour @UrBANG…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P2:謎クリエイター 吉村さおり(SCRAP)
SPOT
こころ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ②舞台に立つ-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ①家ガール-
REPORT
企画屋UTAGEが冬の京都にぶち込む「遅れてきた夏フェス」ことパニックバカンスとは?イベントメンバー…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day2】Limited Express (has gon…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day1】台風クラブ / あっこゴリラ / CHAI / …
REPORT
『ウサギバニーボーイさん』祝賀会 @ 京都GROWLY ライブレポート
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ニーハオ!編 …

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。