EVENT

岸田繁楽団 上映会&トークセッション

先月開催された『京都音楽博覧会2020』にて、その全貌が明らかになった「岸田繁楽団」。一度きりかと思われたあの特別なライブが、早くもカタチを変えて帰ってくる。”誰でも入れる楽団・どこでも演奏する楽団・なんでも演奏する楽団”をコンセプトに活動を行う「岸田繁楽団」が、次の舞台に選んだのは“音楽を失ったホール”。ロームシアター京都のメインホールの舞台のみならず、ホールのあらゆる場所を使って「雨乞い」ならぬ「音乞い」する岸田繁楽団の姿を収録。その様子を映像化したものが、10月25日(日)にロームシアター京都にて上映されるのだ。

 

今、ロームシアター京都など京都市内の“広場”を”舞台”に変え、多様な人々をつなぐことをコンセプトに『KYOTO PARK STAGE 2020』と銘打ったハブイベントが、10月3日(土)から半年にわたり開催されている。この上映会はそのイベントの一つ「OKAZAKI PARK STAGE 2020」の一環として行われるもの。

 

イベント当日は、上映会場にて団長である岸田繁本人によるトークセッションも予定されている。参加は無料で申し込みも不要だ。この楽団の結成秘話などを聞くことができるかもしれないまたとないチャンスだと言えよう。コロナウイルスの影響で以前と同じようにライブを楽しめない日々が続いている。音が恋しい季節が続いている人も多いかもしれないが、音楽の楽しみ方はライブだけじゃない。さて、次はどんな扉が開くのか。岸田繁楽団の「音乞い」の模様を目撃してみてはいかがだろうか。

日時

2020年10月25日(日)

start 19:00 ~(予定)

会場

ローム・スクエア 特設ステージ

出演

【トークセッション】
岸田繁

 

【映像出演】
< 岸田繁楽団 >
楽団長:岸田繁

編曲家 / コンダクター:三浦秀秋

Violin:須原杏、福岡昂大

Cello:小棚木優

Contrabass:山西葉月

Oboe:福盛貴恵

Clarinet:副田整歩

Fagott:浦田拳一

French horn:米崎星奈

Piano:野崎泰弘

Drum:石若駿 

 

< ゲスト >
小山田壮平、畳野彩加 (Homecomings)、UCARY & THE VALENTINE、佐藤征史(くるり)、ファンファン(くるり)

料金

無料(申込不要)

主催

文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

文化庁令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「JAPAN LIVE YELL project」

お問い合わせ

ロームシアター京都 TEL 075-771-6051

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
【3×3 DISCS】Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
【3×3 DISCS】The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。