NEWS

カルマセーキがこれまでの楽曲をまとめた『2008-2012』を配信リリース

MUSIC 2020.09.22 Written By 峯 大貴

カルマセーキというバンドがかつていたのだよ。2005年、大阪外国語大学(現 大阪大学外国語学部)の軽音楽部で結成され、関西を中心に活動していた4人組。中心人物、間瀬聡(Vo / Gt)によるThe Beatlesに影響受けたソング・ライティングと、ひとひねり効いた天邪鬼なメロディや言葉遊びを交えた詞表現。そしてMumford & SonsやFleet Foxesにも同時代性をもって通じるアコースティック主体のバンド・アンサンブルと多用される重厚なコーラスワーク……。

 

特に4thアルバム『鍵は開けてある』(2012年)なんて、そこにファンクやルンバ・フラメンカ、民謡もぶち込まれ、パンッパンの闇鍋状態のサウンドを、極めて軽やかに自然体のままポップに響かせてしまう仕上がりで。全10曲、もう最後の曲“サガポー・ティアモ・ラヴャ”を聴いている時には、誇張なしでカルマセーキが「世界一好きなバンド」になった瞬間だったし、関西からくるりやソウル・フラワー・ユニオンに匹敵する存在が示せるポップ・バンドが現れたと思ったし、当時新しい東京のシーンとして注目されていたceroの『My Lost City』やシャムキャッツの『たからじま』といった同年リリースの作品と比して、関西から対峙するアルバムだ!と勝手に感動していたのだった。

しかし彼らは2015年に解散。結果的にこの『鍵は開けてある』を最高傑作として活動を終えたことにも、なんかうなずけてしまった。その後、間瀬と山口実紗(Dr / Vo)は新バンド・サルバ通りに活動を移行するも、2016年に解体。そんな詳細な彼らの歩みについては間瀬のブログで現在も読むことが出来る。

 

長らく私的な思い出話を垂れ流してしまった。そんなカルマセーキの楽曲が9月1日にサブスクリプション・サービスで公開開始となったことが、長らく休眠状態のTwitterアカウントで告知された。公開されたのは全国流通作品である2ndアルバム『カルマセーキの素敵』(2008年)、マキシシングル『Big River』(2009年)、3rdアルバム『秘密計画』(2011年)、4rdアルバム『鍵は開けてある』(2012年)に収録されている全35曲。発売降順に並べられ『2008-2012』として聴くことが出来る。

 

この公開の報には、同じく大阪外国語大学の後輩であるナードマグネットの須田亮太を始め、サルバ通りとして一時期活動を共にしたスーパーノアの井戸健人と岩橋真平、スピッツなども手掛ける『鍵は開けてある』に参加したプロデューサーの竹内修、見放題代表の民やんらが、改めて彼らの音楽についてTwitterで語っている。

 

2020年現在改めて聴いても、懐かしさはあれど、胸にぎゅっとくるサウンドはタイムレス・ワンな魅力を放っている。またこの配信のタイミングで事実上の解散前最後のワンマンライブとなった2013年6月30日の梅田Shangri-Laの映像が公開されたので、こちらも注目を。2000年代後半~10年代前半の大阪を彩ったポップ金字塔、ここにあり!

2008-2012

 

 

アーティスト:カルマセーキ
仕様:デジタル 
配信開始:2020年9月1日

 

収録曲

 

『鍵は開けてある』(2012年)

1. Waitng For You
2. 伽藍堂
3. 魔の精と迷走
4. 若気の至り
5. フローソウル
6. いまじねいしよん・ぶれいくだうん
7. レプリカ
8. Vicious Boy
9. 僕は知らない
10. サガポー・ティアモ・ラヴャ
『秘密計画』(2011年)
11.計画
12.Origo
13.フェスティヴァル・デイ
14.対岸
15.マスカレイド
16.もぬけの殻
17.バラード
18.憧れのまま

『Big River』(2009年)

19.Big River
20.アヴァンギャルド
21.デイドリーム
22.触れる世界

『カルマセーキの素敵』(2008年)

23.ローレンス
24.キングキング
25.バケツの花
26.シティ・アリス
27.架空の動物
28.斜塔
29.短刀
30.イノセント
31.タブンデラスキー
32.アオスジアゲハ
33.肋かまし
34.やっほい
35.エスタシオン

 

配信リンク:https://linkco.re/S2pbfanp

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。