NEWS

NABOWAが配信EPシリーズ3部作のデジタルブックレットをオンライン販売

MUSIC PR 2020.09.21 Written By 出原 真子

京都を拠点に活動するインストゥルメンタル・バンド NABOWAが、緊急事態宣言下で3週連続リリースしたデジタルEPシリーズの『RELUX』『EXCITE』そして『BRAVE』。このカラーもムードも異なる3作が、息をひそめるように引きこもっていた自粛生活に大きな彩りをもたらしてくれたことは記憶に新しい。今回、配信限定のために作られることのなかった3作のブックレットを、デジタルブックとしてオンライン販売する。

 

各メンバーがそれぞれの自宅やスタジオなどにとどまって作曲をする完全リモート形式で、驚異のハイペースで制作とリリースが行われたNABOWAの3部作EP。その膨大な制作の舞台裏エピソードや各曲の解説などを、メンバー山本啓(Violin)の目線から綴った1万字を超える濃厚なセルフライナーノーツとともに、ジャケットアートワーク候補の写真も初公開されている。画期的な制作方法、リリース形式、スピード感がかけ合わさって話題を巻き起こした3作をより深く楽しめる、全30ページのボリューム満点な作品に仕上がった。

 

現在、3作の音源は各種音楽配信・販売プラットフォームにてストリーミング配信、およびダウンロード販売中だ。ぜひ、デジタルブックレットを読みながら3作のEPを聴き返してみてはいかがだろうか。

RELUX, EXCITE & BRAVE – BEHIND THE SCENE

 

 

アーティスト:NABOWA

仕様:デジタルブックレット

発売:2020年9月1日

価格:¥1,000(税込)

Webサイト:https://budstore.shop-pro.jp/?pid=153271020

 

3部作の配信リンク

 

RELUX:https://lnkfi.re/OXRCX3tW

EXCITE:https://lnkfi.re/S0t8f5Wy

BRAVE:https://lnkfi.re/Sqw5zoeN

 

NABOWA

 

 

京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド。2019年4月に発売した『DUSK』を含め、現在までに6枚のアルバムをリリース。国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなどライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。

 

Member|YU KAWAKAMI (Dr / Key)、KANADE KAGEYAMA (Gt)、 HIRAKU YAMAMOTO (Violin)、 ITARU HORIKAWA (Ba)

 

Webサイト:http://www.nabowa.com/

Instagram:https://www.instagram.com/nabowa_jpn
Twitter:https://twitter.com/nabowa
Facebook:https://www.facebook.com/nabowa

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
きょう、つくる人 第5回 – Ren・中根嶺
ART
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 珈琲×本棚×工芸編 –
SPOT
HOTOKI
SPOT
murmur coffee kyoto
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ③FUJI ROCK FESTIVAL ’18と “サ…
SPOT
Kaikado Café
INTERVIEW
きょう、つくる人 第4回 – 植物造形家・瀬戸友歌
INTERVIEW
きょう、つくる人 第3回 – ayako.ceramics・小川文子
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ②十二国記編-
REVIEW
いちやなぎ – naked.
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ①カメラ編-
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:出原 真子】Roan Yellowthorn:流麗な調べに潜むス…
REVIEW
Special Favorite Music – TWILIGHTS

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。