EVENT

ダムタイプ 新作パフォーマンス「2020」上映会

ART 2020.09.07 Written By 出原 真子

2020年10月16日(金)~18日(日)に〈ロームシアター京都〉で、ダムタイプの新作パフォーマンス『2020』の上映会が開催される。

 

1984年に京都市立芸術大学の学生を中心に結成されたダムタイプ。ヴィジュアル・アート、映像、コンピューター・プログラミング、音楽、ダンスなど、さまざまな分野のアーティストが参加し、既存の枠にとらわれないマルチメディア・パフォーマンス・アーティスト集団として国内外から注目を集めてきた。彼らの18年ぶりの新作『2020』は、2020年3月に『KYOTO STEAM ― 世界文化交流祭 ― 2020』のプログラムの一部として上演予定であったが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためにあえなく中止となっていた。しかし、今回ついに無観客で収録・編集した記録映像を上映する形で公開されることが決定したのだ。

上映会に寄せて

 

久しぶりに京都で新作パフォーマンス制作の機会を与えられ、再びメンバーが集合し共同制作に取り組んだことは大きなチャレンジでした。1984年の活動開始以来、私たちは、特定のディレクターを置かず参加メンバー全員がフラットな関係において共同で作品を創造するという独自のスタイルで活動を続けてきました。参加者全員のコラボレーションとは、全員が等しく作品制作にコミットするということであり、その制作プロセスにおいては、互いのコミュニケーションが非常に重要となります。

 

制作を開始した2018年には、現在のような未知のウィルスの感染が世界中に拡大するというような状況は予想していませんでしたが、約1年半にわたるクリエイション期間中には、人間社会が直面する様々な事象(グローバリゼーション、SNS、超高度情報化社会、監視社会、AI、コミュニケーション等々)について話し合い、思考を巡らし、それらを捉えようとする視点を持った作品へと成長していきました。

 

一度は上演中止となった本作品が、このたび、記録映像の上映という形で発表できますことを、ロームシアター京都ならびに関係者の皆様に感謝申し上げます。

 

ダムタイプ

猛スピードで変化していく現代社会、コロナ禍でさらに先を見通すことが難しくなっている。本作はそんな今を生きる私たちの心に、どんな思考や気づきをもたらしてくれるのだろうか。

※新型コロナウイルス感染症の状況によって、情報が変更になる場合があります。

INFORMATION

日時

2020年10月16日(金)15:00~ / 19:00~

2020年10月17日(土)15:00~★ / 19:00~

2020年10月18日(日)11:00~ / 15:00~

※上映65分+トーク約30分

各回、上映終了後、ダムタイプメンバーによるトークを行います。

★託児サービスあり(要事前予約・定員有)

会場

ロームシアター京都 サウスホール

京都市左京区岡崎最勝寺町13

※詳しいアクセスはこちら https://goo.gl/maps/6PXYALrvgZugGan96

出演

ダムタイプ

池田亮司・大鹿展明・尾﨑 聡・白木 良・砂山典子・高谷史郎・高谷桜子・田中真由美・泊 博雅・濱 哲史・原 摩利彦・平井優子・藤本隆行・古舘 健・薮内美佐子・アオイヤマダ・山中 透・吉本有輝子

宣伝美術:南琢也

料金

全席指定 一般 ¥2,000 / ユース(25歳以下)¥1,000

※ご来場時に、ユースは年齢が確認できる証明書をご提示いただきます。

※車椅子でご来場のお客様は事前にロームシアター京都までご連絡ください。

※未就学児入場不可。

※新型コロナウィルス感染予防対策について、ロームシアター京都のWEBサイトをご確認の上、お越しください。

※ご購入後、感染症に関連する事由により、ご来場が困難になられたお客様におきましては、チケット代金の払い戻し対応をいたします。

※チケットの転売は固くお断りしております。

チケット

先行発売日:2020年9月12日(土)10:00~

※会員先行(フレンズ会員・club会員・京響友の会会員)

一般発売日:2020年9月19日(土)10:00~

チケット窓口

ロームシアター京都オンラインチケット

https://www.e-get.jp/kyoto/pt/

※24時間購入可、要事前登録(無料)

ロームシアター京都 チケットカウンター

[窓口・電話 TEL:075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため短縮営業する場合あり。

京都コンサートホール チケットカウンター

[窓口・電話 TEL:075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター

TEL:075-746-3201(10:00~19:00)

Webサイト

https://rohmtheatrekyoto.jp/event/60156/

ダムタイプ プロフィール

 

1984年に結成。ヴィジュアル・アート、映像、コンピューター・プログラミング、音楽、ダンスなど、様々な分野の複数のアーティストによって構成される。京都を活動の拠点とし、プロジェクト毎に参加メンバーが変化して制作される作品は、既成のジャンルにとらわれない、あらゆる表現の形態を横断するマルチメディア・アートとして国内外で発表されている。2018年にポンピドゥー・センター・メッス(フランス)で個展「DUMB TYPE: ACTIONS + REFLEXIONS」を開催、2019年には新作やアーカイブを加えてバージョンアップした展覧会が東京都現代美術館にて開催された。2022年に予定されている第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館出品作家に選出されている。

 

オフィシャルサイト

 

http://dumbtype.com/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
きょう、つくる人 第5回 – Ren・中根嶺
ART
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 珈琲×本棚×工芸編 –
SPOT
HOTOKI
SPOT
murmur coffee kyoto
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ③FUJI ROCK FESTIVAL ’18と “サ…
SPOT
Kaikado Café
INTERVIEW
きょう、つくる人 第4回 – 植物造形家・瀬戸友歌
INTERVIEW
きょう、つくる人 第3回 – ayako.ceramics・小川文子
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ②十二国記編-
REVIEW
いちやなぎ – naked.
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ①カメラ編-
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:出原 真子】Roan Yellowthorn:流麗な調べに潜むス…
REVIEW
Special Favorite Music – TWILIGHTS

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。