REVIEW
らご
羅針盤

京都拠点のローカルな視点からインディペンデントな活動を行っているバンドマンやシンガーたちにスポットを当ててきたANTENNAの音楽記事。REVIEWでも主に関西のライブハウス・シーンで活動しているアーティストの新作を論じてきました。

 

そんな「今」を捉えてきたレビュー記事に新たな軸が加わります。題して『Greatest Albums in 関西』。ANTENNAが拠点を構える京都、ひいては関西から生まれた数ある名盤の中でも現在の音楽シーンにも影響を与え続けているアルバム作品を、2020年代に突入した現在の視点から取り上げていきます。

 

関西の音楽には全国的なムーヴメントに発展した音楽も数多あります。1960年代末の関西フォークから、70年代のソウル・ブルース、関西NO WAVE、ゼロ世代……『Greatest Albums in 関西』はこの地域の音楽文化史を作品を通して徐々に編んでいこうとする壮大なプロジェクトです。どうぞ長い目でお楽しみください。

 

企画概要:https://note.com/kyoto_antenna/n/nebb1fa9e3cde

過去と未来をつなげるミッシングリンク

想い出波止場の楽曲を聴いたあとで、改めて『童謡』『Palm』といった今の山本精一の音源を聴くと、「本当に同じ人間が作った作品なのか」という感想をいだく。自らのサウンドに荘厳なサイケデリアと刺激的なノイズ、そして数々の音楽的な実験を行い、真似のできない音で溢れていた想い出波止場。対して山本精一のサウンドはアコーステックで優しく歌と音を紡ぎだす、または耳なじみのいいポップなサウンドにノイズを組み込む。想い出波止場と山本精一。 同じ人間から生まれたとは思えない2つの音楽だが、そのミッシングリンクとしてあるのが羅針盤の『らご』だ。

 

山本は1958年に生まれ、小学生の頃からギターを弾きはじめる。86年に山塚アイらが結成したBOREDOMSに加入。突飛でノイジーなサウンドとパフォーマティブなアクトは国内だけでなく海外からも高く評価され、Glastonbury FestivalやLollapaloozaのような音楽フェスに出演や、NirvanaやSONIC YOUTHのツアーのサポートアクトも行った。87年には〈難波ベアーズ〉の店長になり、BOREDOMSが主催するライブイベントで想い出波止場を結成。88年には羅針盤を始動させる。羅針盤は当初、サイケデリックなサウンドのなかで、ギター・ソロが延々と続くような楽曲をやっていたのだが、97年にリリースされた『らご』で、それまでの羅針盤、いや山本のディスコグラフィーをひっくり返す音楽を提示する。

『らご』は羅針盤のメンバーであった須原敬三(Ba)のレーベル、ギューンカセットからリリース(同年にワーナーミュージック・ジャパンより新装再発売)されたアルバムだ。この作品のハイライトは幾つもあるが、その1つは間違いなく“永遠のうた”であろう。エモーショナルなギターと、明るく浮足立つキーボードのイントロから始まり、しばらくすると静かに語りかけるような暖かみのある歌声が聴こえる。BOREDOMS、想い出波止場などのアバンギャルドなサウンドは影を潜め、本作で山本は素直なポップスと、人懐っこいうたをリスナーへ提示する。素直さといえば、本作では山本のルーツであるフォークバンド PROCOL HARUM(プロコル・ハルム)の“巡礼者の道”のカバー、“ハウリングサン – philgrim’s progress -”も収録され、奇をてらわず自分の素顔をみせる姿勢が本作から垣間見える。

 

しかし『らご』がBOREDOMS、想い出波止場などを断絶した音楽かといえば、そうではない。例えば“クッキー”におけるノイズの入れ方や即興的なギターリフ、“いのち”の中盤におけるサイケデリアはそれまでのバンド経験がいかされている。また弾き語りで歌われる“ライフワーク”や、“生まれかわるところが”での余白すらを音楽としてみせる手法は、本作以降にリリースされた『なぞなぞ』(2003年)や『LIGHTS』(2013年)などのソロ・ワークにも繋がる。つまり本作は山本のさまざまな側面をみせると同時に、過去と未来を捉えた作品でもあった。

 

 

2005年にメンバーの西浦真奈(Dr)が事故でこの世を去り、羅針盤は解散。以降、しばらく羅針盤の曲を封印していたが、2010年の『Playground』で再びうたものへ向き合い、現在では羅針盤の楽曲もライブでやっている。羅針盤と向き合った理由に関して「もういいかなと思って」と山本はライブで語っていたが、本当のところは「もう一度うたものをやるなら、羅針盤にも向き合おう」と考えていたかしれない。昨年、山本のライブを観に行ったが、ひたむきに羅針盤の曲を演奏する姿をみると、そんなことも考えたくなってしまう。

WRITER

RECENT POST

SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
【3×3 DISCS】Easycome – お天気でした
REVIEW
【3×3 DISCS】相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
【3×3 DISCS】CAMERA TALK – FLIPPER’S GUI…
REVIEW
【3×3 DISCS】Guppy – Charly Bliss
REVIEW
【3×3 DISCS】Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gi…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。