EVENT

第八回文学フリマ大阪

BOOKS 2020.08.20 Written By 丹 七海

9月6日(日)、文学フリマ大阪が天満橋のOMMビルで開催される。新型コロナウイルスの影響で、3月に開催予定だった群馬県の前橋にはじまり、東京など4会場が中止となった本イベント。感染拡大防止に関するガイドラインの発表と共に、大阪開催が決定された。チラシコーナー・見本誌コーナーの休止やWebカタログの公開など、例年との変更点もアナウンスされているので、必ず公式HPをチェックをして欲しい。

 

全国通算70回目、大阪では8回目を迎える文学フリマは、ジャンルや年齢、所属やプロアマ問わず、文学を愛する人たちの為にひらかれた場所だ。「自分が〈文学〉と信じるもの」を「文学」と定義するこのイベントでは、小説や詩歌、評論の他にCDやTシャツ、豆本など多種多様な文学が一堂に会する。参加者は、新しい価値観や斬新な発想から生まれた作品に触れ、様々な刺激を受けることができるだろう。会場には約400のブース出展する予定で、お目当て目掛けて足を運ぶも良し、ブースを渡り歩いて運命の一冊に巡り合うも良し。文学の秋に、文学の世界にどっぷりと浸かってみてはいかがだろうか。

日程

2020年9月6日(日) 11:00〜17:00

会場

OMMビル 2F

(大阪メトロ谷町線「天満橋駅」直結)

料金

入場無料

Twitter

文学フリマ大阪事務局

Webサイト

https://bunfree.net/event/osaka08/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
書評企画『365日の書架』〜11月のテーマ ノスタルジアを感じる〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜10月のテーマ 家族の形を描いた〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜9月のテーマ 人生の羅針盤になる〜
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ③放送部編-
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜8月のテーマ 毎日の風景が少し変わる〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜7月のテーマ 大切な人と読みたい〜
COLUMN
書評企画『365日の書架 』〜6月のテーマ 旅の支度をしたくなる〜
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ②音楽との出会い編-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ①西尾維新編-
SPOT
狐菴 KissaCo
REVIEW
浪漫革命 – NEW ISLAND ROMANCE

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。