NEWS

ODDLYがシングル“Ruh Ruh”をデジタル配信リリース

MUSIC PR 2020.08.11 Written By 辛川 光

京都を中心に活動するバンド、ODDLYが8月7日(金)にシングル“Ruh Ruh”をデジタルリリースした。ODDLYは2019年に前身バンドであるbrowned butterのメンバー、Naoko Yutani(Vo / Gt)、Tomoyuki Watanabe(Vo / Gt)、 Keita Kishimoto(Dr)らによって結成されたベースレス・3ピースバンド。

 

今回配信された“Ruh Ruh”は前作のEP『Loaded』にはなかった、加工しない生のサウンドが輪郭のはっきりとしたギターに表れており、グランジからの影響が色濃く感じられる。またツインボーカルバンドの彼らの特徴である、歌のキャラクターの住み分けはより顕在しており、Naoko Yutani の憂いを含みながらも前をしっかり見据える歌声と Tomoyuki Watanabe のフィルターを1枚通したような奥行きを持った歌声が、キャッチーかつオルタナティブなサウンドを両立させている。

 

メンバーそれぞれの音楽の嗜好を掛け合わせたソングライティング・スタイルは楽曲の展開にも表れており、Pixiesや Sonic Youthをはじめ様々な楽曲からのルーツを感じさせるギミックには思わずニヤっとさせられる。自信作だという今回のデジタルシングル。コンスタントなペースで音源制作をする彼らの動向にぜひ注目してほしい。

ODDLY『Ruh Ruh』

 

アーティスト:ODDLY

仕様:デジタル配信

配信開始日:2020年8月7日(木)

 

収録曲

1.  Ruh Ruh

ODDLY

 

 

2019年、活動停止中のシューゲイザーバンドbrowned butterのメンバーNaoko Yutani、Tomoyuki Watanabe、Keita Kishimotoの3人で結成。ライブ本数は少ないもののcOups.やオーストラリアのインディロックバンドCamp Copeのフロントアクトとして出場・演奏を行なった。7/10には京都GROWLYにて初の配信ライブ企画ONE SHOT GROWLYに参加。
メンバーそれぞれの嗜好(Naokoのドリームポップ/インディポップ、KeitaのUKオルタナ、TomoyukiのUSオルタナ)を掛け合わせたソングライティング・アレンジが特徴。

 

Twitter:https://twitter.com/oddlyband
Instagram:https://www.instagram.com/oddlyband/
Webサイト:https://oddlyband.jimdofree.com
bandcamp:https://oddlyband.bandcamp.com

WRITER

RECENT POST

REVIEW
the Loupes – ほゝのEP
REVIEW
The Shinkos Trio – Play Chimera
REVIEW
Barbara – Where Water Comes Together
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -辛川 光 ③はじめての夏フェス編-
REVIEW
友部正人 – 大阪へやって来た
REVIEW
Age Factory – EVERYNIGHT
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -辛川 光 ②作曲編-
REVIEW
Transit My Youth – Scrap and Build
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -辛川 光 ①野球編-
REVIEW
5kai – 5kai

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。