REVIEW
ヤユヨ
ヤユヨ
MUSIC 2020.08.05 Written By 峯 大貴

デビュー作にして、巧みに「匂わせる」ストーリー描写

yonige、HumpBack、FiSHBORN、TETORA……と2010年代中盤以降、ギター・ベース・ドラム編成による女性3人組ギターロック・バンドが大阪で断続的に現れている。この世代の背景にある大阪、引いては関西の土壌についてはまた稿を改めたいが、現在20歳の同じく3人組(サポートドラムを含めライブは4人)であるヤユヨの存在は多くの人と同様、2019年12月に公開された“さよなら前夜”のMVが話題を呼んでいることで知った。ここにも2015年にyonigeが“アボカド”のMVから火が付いたことを重ねていたのだが、ヤユヨが結成したのは2019年1月。今までの多くのバンドにも増すドライブ感でいきなり存在を示したことにまず驚いた。

発表した音源作品はデモCDのみ。等身大の恋愛模様を字余り気味に詰め込んだ歌詞に、やけにウェットなメロディ。そしてリコ(Vo / Gt)のさばけた節回しとブルージーなボーカルで共感を得て、あれよあれよとここまで来た。本作は遂に初流通作品となるミニアルバムだ。サウンドそのものはギターロックが主軸のストレートなもので、構成やアレンジ、ギターソロの入れ方などにまだ拙さが残る。しかし聴いていく内にそんな発展途上の部分も全て魅力的に響いてくるのだ。その要因は歌詞であり、すでに独自のスタイルを確立している。

まず本作のテーマはCDのみに収録されている“ユー!”のアコースティックverに至るまで、「恋の余韻」でほぼ全て一貫している。恋人へのノスタルジーの捧げ方と、別れの発露から経過した時間のバリエーションで魅せるコンセプト・アルバムといえるだろう。

 

曲作りの主軸を担うリコの詞はストーリーがやけにクリアなのが特徴だ。そして彼女が初めて作ったオリジナル曲だという“さよなら前夜”で、すでにその真骨頂が発揮されている。例えばサビの“昨日、15時、1時間の微睡みを終えた君を見た時 もうこの部屋に来ることはないかもしれないと思ってしまった”。この8小節でWhen(昨日、15時)/ Where(この部屋)/ Who(私)/ What(思ってしまった)/ Why(1時間の微睡みを終えた君を見た)/ How(もうこの部屋に来ることはないかもしれない)と5W1Hが全て詳細に設定されている。過不足なく情報を整理した、誰でも脳裏に像を結べる表現だ。またこのフレーズに含まれる「1時間の微睡み」を始め、「左側が無音のイヤフォン」、「君が画面だけの人になっても平気かも」など、あえて真正面からピントをずらしたワードが豊かな余韻を仄めかす。この「匂わせる」言葉選びが、5W1Hのリッチな状況設定と相まってたまらなく胸が掴まれるのだ。その後も“今夜、22時”、“日付が変わって明日が今日になったら”とWhenの経過をつぶさに追っていくのだが、この「ト書き的」な言い回しもストーリーをつかむために大きく寄与している。

 

この時制へのこだわりは“七月”でも表出しており、サビの最後の詞を“ダーリン、私の”→“ダーリン、君がいなくても眠ろう”→“ダーリン、そう呼べない人を”と推移していく。この二人の関係性で時間が経過したことをさりげなく匂わせる技法にも唸らされた。その具体性を伴った描写は自己体験に基づくものかもしれないが、いずれの楽曲もエモーショナルに感情が表出することはない。冷静に状況をオブザーブし、感情との対話と推論を通して折り合いをつけ、自己理解を深めていくセルフ・カウンセリング的な綴り方が巧みなのだ。日本のロックバンドで詞から掻き立てる情景描写の精度において、直近ではムツムロアキラによるハンブレッダーズの楽曲とも比類する衝撃を受けた。

一方でぺっぺ(Gt)の詞曲によるブリットポップ調のダウナーなリフを主体とした“メアリーちゃん”では、“うまくは言えないけど 私なしで生きるあなたは嫌いよ”と整理も付けぬまま感情をぶつけていく表現で対照的。リコも巻き舌気味に荒っぽく情念を込めた歌唱で他の曲とは異なるアプローチを提示しており、このソングライター二人のカラーの違いも大きな武器となる可能性を感じさせる。

 

それだけに、詞:リコ、曲:ぺっぺの体制で今回タイアップのため書き下ろしたという“いい日になりそう”は全体を司る「恋の余韻」から唯一逸脱しており、少しばかり浮いた存在にはなっている。今後違うテーマの取り組みや、引いてはパーソナルな物語による自己表現から脱却した時のポテンシャルが問われていくことになるだろう。しかしそのクリアで丁寧な作詞には決して勢いや愛嬌だけではない実力を秘めていることは、本作で十分に伝わってきた。ヤユヨの物語は早々に前夜とさよならした本作から幕を開ける。

ヤユヨ

 

 

アーティスト:ヤユヨ

仕様:CD<タワーレコード限定>

発売:2020年8月5日

価格:¥1,300(税込)

購入リンク:ヤユヨ/ヤユヨ<タワーレコード限定>

 

収録曲

 

1.kimi no egao
2.いい日になりそう
3.メアリーちゃん
4.今度会ったら
5.さよなら前夜
6.七月
7.ユー! (acoustic ver.)
8.さよなら前夜 (acoustic ver.)

 

Webサイト:https://yayuyo-dayo.amebaownd.com/

Twitter:https://twitter.com/auo_1999

Instagram:https://www.instagram.com/auo_1999/

アメーバブログ:https://ameblo.jp/yayuyodaze/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。