EVENT

隙間(すきま)× アート 『SUKIMART』 EXHIBITION #0

移動、集合、そして場所の持つ意味が大きく変革させられた2020年夏。街、そして心、様々な場所に空いてしまった様々な隙間(すきま)を新進気鋭のアーティストが埋めていく企画展示プロジェクト『SUKIMART』が始動する。初回の#0では8月1日(土)〜8月10日(月・祝)の10日間、京都東山の木造家屋のホステル〈器 utsuwa design hostel〉の宿泊予約の隙間や通路を活用し、リアルなアート展示が実施される。

 

カルチャープロダクションの ASOBISYSTEM のプロデュースの元、アート展示も行う渋谷のバー / コーヒースタンド〈CARBON〉と福岡の姉妹店〈CARBON COFFEE // ART OF LIFE〉がアーティストキュレーションを手がける本企画展。参加アーティストたちはいずれもアーティスト / イラストレーターとして活動をしているが、HIPHOPダンスクルーとしても活動するLEEGET、モダン浮世絵で世界にも活動を広げるRYUSUKE MUTO、B-BOYとしてストリートカルチャーに触れながらグラフィティをキャンパスに描くWOOD、“刺繍芸人”としてお笑いの枠を超えて活動するグッドウォーキン上田など、スタイルもアティチュードも千差万別だ。

器 utsuwa design hostel

会期中は、〈器 utsuwa design hostel〉の館内に8名のアーティストによる作品が展示され、宿泊者だけでなく一般の方も閲覧可能。気に入った作品はその場で購入することもできる。カフェスペースも併設されているので、京都散策の休憩場所として、ぜひ予定の“隙間”に気軽に立ち寄っていただきたい。また、特設サイトでは参加アーティストのオリジナルアパレルの販売が行われるので、こちらも要チェック。

日時

2020年8月1日(土)〜8月10日(月・祝)

9:00〜20:00

会場

器 utsuwa design hostel

京都府京都市東山区本町8-86

※スタッフのマスク着用、換気、定期的なアルコール消毒、新型コロナウイルス感染防止対策を実施。

※ソーシャルディスタンスの確保から、人数制限があるのであらかじめご了承ください。

料金

入場無料

参加アーティスト

Nah、NAKAKI PANTZ、乃の木そよ、LEEGET、RYUSUKE MUTO、WOOD、グッドウォーキン上田、ChiMy

プロデュース

ASOBISYSTEM

アーティストキュレーション

CARBON
CARBON COFFEE // ART OF LIFE

イベント特設サイト

https://sukimart.jp/

お問い合わせ

press@asobisystem.com

WRITER

RECENT POST

REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。