NEWS

PURPLE HUMPTY、アルバム『Archive』とシングル“one cup of song”をリリース

MUSIC 2020.06.28 Written By 峯 大貴

大阪北摂出身のロック・バンドPURPLE HUMPTYが6月12日(金)にアルバム『Archive』とシングル“one cup of song”を配信でリリースした。2006年に結成。2016年頃には名義をFouFouに替えて活動した時期など紆余曲折もあったが、万事快調とは言い難い日常の中でもどうにかポップに弾ける事象を見出し、歌にしていく井田健(Vo / Gt)の姿勢は一貫している。

 

『Archive』はその現在のスタイルが定着した2011年の1stミニアルバム『ガールフレンド』から、2015年のライブ会場限定シングル『BABY BABY / Lotus』までの自主制作作品を、年代順に収めた20曲入りの初期ベスト・アルバムだ。青春パンクやメロコアからの影響が強かった2000年代の名残を感じる“恋は突然”から、当時のドラム・萬玉あい(現D.W.ニコルズ)による気だるくて愛らしいコーラスの存在感も当時のパープルの大きな魅力だったことを思い出させる、オールディーズ・ポップス“BABY BABY”、“Lotus”まで。演奏の成熟や当初から醸していた若年寄的な落ち着きが、時系列で深まっていく彼らの足跡が詰まっている。

 

中でも現在までライブで欠かせない代表曲でありながら、長らく廃盤となっていた“CITY”が収録されているのは必見。シンプルなメロディと構成の中に、彼らが生活する茨木・高槻の風景が浮かび上がってくる。

 

そこで思い出すのは、結成当時よりホームグラウンドとしており北摂のバンドマンたちの拠り所であったライブハウス、高槻Raspberryが昨年3月に閉店したことだ。パープルは昨年リリース“Hello”のMVとしてこの場所の最後の風景を残したが、本作にも北摂の景色や空気をパックする色合いが感じられる。ジャケットに映し出されたベースとギターがかけられている場所は、本作に収録されている楽曲の録音・ミックスにも関わっている、阪急茨木市駅近くの音楽スタジオD-STUDIOに違いない。しかも2015年に起きた火事で半焼する前の内装なのだ。ここでも彼らの活動する場所をアーカイブしていこうとする気概が伝わってきた。

一方の新曲“one cup of song”はメンバーそれぞれの自宅で制作された作品。“今は離れ離れも 大切な時間だから”という今の時代に寄り添う詞と、一杯のコーヒーを飲んでいるつかの間のリラックスタイムそのもののような井田の歌が温かく優しい。変わっていく社会と北摂の街、そして歳を重ねていく自分自身。全てを受け入れながら、安らげる郷としての「ホーム」を音楽で作り続けてきたことが実感できる2作である。

 

Archive

 

 

アーティスト:PURPLE HUMPTY

仕様:デジタル

発売:2020年6月12日

配信リンク:https://linkco.re/XuQDh1N1

 

収録曲

 

1.あの子とドライブ

2.未熟者のブルース

3.恋は突然

4.rock music & baby summer day

5.僕はバンドマン

6.春の太陽

7.CITY

8.また会えるなら

9.rock music & baby summer day(sunny walk MIX)

10.シンガー

11.Flower

12.デイドリーム

13.一人旅、帰り道

14.きらめき

15.コスモス

16.パーティーは終わらない

17.星空のバラッド

18.輝き果てるまで

19.BABY BABY

20.Lotus

 

one cup of song

 

 

アーティスト:PURPLE HUMPTY

仕様:デジタル

発売:2020年6月12日

配信リンク:https://linkco.re/cRPQyvrz

 

収録曲

 

1.one cup of song

PURPLE HUMPTY

 

 

L to R

辻井啓気(Ba)

井田健(Vo / Gt)

金久真治(Gt) ​ ​

 

​​大阪 北摂出身のロックバンド。中学校の同級生で結成。 ​

あらゆる音楽を呑み込んだサウンドに心地良いメロディーを乗せ、メモ書きのように綴られた言葉はあなたにやさしく寄り添う恋人のよう。飾り気のない雰囲気で観客を暖かく包み込むライブは沢山の人の心に染み込んでいる。幾多の全国ツアーで培われたそのライブ力には定評があり、ライブで生の声を届ける事に重きを置いているロックバンドである。

 

Webサイト:https://www.purplehumpty.com/

Twitter:https://twitter.com/purplehumpty

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。