NEWS

KENT VALLEYが4thシングル『Hop along』をデジタルリリース、無観客ライブ映像も公開

MUSIC PR 2020.05.30 Written By 金子 ゆか

京都出身のSSW / マルチ・インストゥルメンタリスト / コンポーザーのKENT VALLEYが、2020年に入って4作目となるシングル『Hop along』を5月27日にデジタルリリースした。ゲストプレイヤーとして京都の音楽家である吉田省念がギターとパーカッション等で参加し、ミックス・エンジニアにはこの春にmusic studio SIMPOより独立した荻野真也を迎えている。1月リリースの初音源である1stシングル『Clear up』、続く2ndシングル『Blueworks』、3rdシングル『In heaven』が各配信サイトのプレイリストに多数選出されており、国内にとどまらず海外のリスナーも増やし目が離せない。

 

またKENT VALLEYがマンスリーライブ『morning view』を開催している、京都のゲストハウス / カフェバー〈Len KYOTO KAWARAMACHI〉の自主休業期間に、施設内の宿泊ルームや屋上、ラウンジなどで行なった無観客ライブ映像を配信するプログラム『Virtual Hostel Sound』の第1回目に出演。オリジナル曲やカバーを含めて全12曲を演奏した映像をYouTubeで公開中だ。

Hop along

 

 

アーティスト:KENT VALLEY
仕様:デジタル
配信:2020年5月27日

 

収録曲

1. Hop along

 

配信リンク:https://friendship.lnk.to/HopAlong

Len KYOTO KAWARAMACHI × SECOND ROYAL RECORDS present
『Virtual Hostel Sound』Vol.1 KENT VALLEY 2020年5月3日配信

 

・Rooftop: http://youtu.be/Hp34dhfchj8

・5F|King Double Room:https://youtu.be/Y_v9cQQE4NQ

・2F|Common Area: http://youtu.be/BLMMAzQDSp8

・1F|Lounge: http://youtu.be/m0bDH9bfmUc

KENT VALLEY

 

 

SSW / マルチ・インストゥルメンタリスト / コンポーザー。京都を中心に活動するソングライターやプレーヤーとしてもTurntable FilmsやSuperfriendsなど数多くのバンドに参加。
Twitter:https://twitter.com/kentani11tf

Instagram:https://www.instagram.com/kentani11tf

Tumblr:https://kentani11.tumblr.com/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
わからないものをそのまま楽しめるようになった。CARD 3rd ALBUM『TUNNEL VISIO…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。