EVENT

【配信】School In London (behind closed doors) 3rd with Alffo Records

2020.05.27 Written By 阿部 仁知

東京・代々木のSpincoaster Music Barを中心に毎月最終土曜日に定期開催しているDJイベントSchool In Londonが、大阪のレコードショップAlffo Recordsを迎えた『School In London (behind closed doors) 3rd with Alffo Records』のオンライン開催が決定。異例の2会場からの配信で、日時は2020年5月30日(土)18:00〜23:00。

 

あらゆるベニューやイベントが活動を模索している昨今の状況、フロアに集まることができるのはもう少し先のことなのかもしれない。その中でも誰よりも早く状況を察知し次の一手を打ち出しているShcool In London。2月の開催中止を受けて3月下旬にライブ配信された第1回のbehind closed doorsでは、画面の向こうで変わらない笑顔を見せる村田タケルの姿に目頭が熱くなったものだ。

School In London 村田タケルのレコメンド

現在は東京を拠点としながらも、古巣の関西を含め全国各地のクラブシーンを渡り歩くSchool In London。配信第3回となる今回は、現行の海外インディー音楽を熱くプレイする3名のDJに加え、ドラスティックな展開力に痺れるAlffo Records店主ナカシマセイジと、Live House nanoのDJイベントmogran’BARでもお馴染みの関西クラブ界隈の兄貴分426も出演。あなたの部屋で東西のクラブカルチャーが邂逅するこのスペシャルな一夜を堪能しようではないか。

 

そして、School In London主催の村田タケルとAlffo Records店主ナカシマセイジから開催に向けたコメントも到着。彼らのダンスフロアにかける熱い想いに触れながら、当日は画面の前に集合しましょう!

School In London 村田タケルのコメント

 

世間はコロナですが、カルチャーは待ってはくれません。School In Londonが配信という形でも開催を続ける一番の理由はコロナがその発信を止める理由にはならないからです。オルタナティブなマインドが新たな可能性を生むのであれば、大好きなAlffo Recordsとの共同配信だってきっとそうなんだと思います。Alffo Recordsの通販もオススメです。

Alffo Records ナカシマセイジのコメント

 

若手筆頭株にして常慕ってくれる村田タケル、彼の笑顔はコロナキラー遠藤孝行、関東DJ界のアル・カポネことタイラダイスケが顔を揃える本当に羨ましいパーティーSchool In Londonに今回も招待していただき光栄の限りです。

 

やんごとなき事情でストリーミング配信という形になってしまった事は非常に残念ですが、ベソかいていても状況は進展しませんのでベソかきながら慣れぬ配信システムをアップグレード中です。

 

「当日は世界で一番楽しいDJストリーミングパーティーにするっちゃ!!」

 

と口角泡飛ばす勢いで当日の相方DJの426が言っていました。夢で。

なのでそうならなければ全て426の責任です。

 

ストリーミングも良しですが、何がどう暗転好転しても店主としてはあくまで現場主義です。

一刻も早く皆さんと再び現場でお会いできる日を楽しみにしています。

日時

2020年5月30日(土)18:00〜23:00

会場

Spincoaster Music Bar / Alffo Records

出演

From Spincoaster Music Bar

DJ:村田タケル / 遠藤考行 / タイラダイスケ

 

From Alffo Records

DJ:ナカシマセイジ / 426

配信サイト

Alffo Records’ Twitch channel

料金

投げ銭制

https://streamlabs.com/alfforecords_twitch/tip
※集まったドネーションはSpincoaster Music BarとAlffo Recordsへの折半となります。

Webサイト

School In London

WRITER

RECENT POST

REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。