EVENT

【オンライン上演】HOTEL SHE, KYOTO 泊まれる演劇 In Your Room 『ROOM 102』

ART OTHER PR 2020.05.21 Written By 小倉 陽子

自宅から真夜中のホテルへ。オンライン・イマーシブシアター

HOTEL SHE, KYOTOが企画・運営するオンライン・イマーシブシアター『泊まれる演劇 In Your Room 』の第二弾『ROOM 102』が、6月24日(水)~29日(月)に上演される。チケットの販売は、5月23日(土)22時より先着順にて行われる予定だ。

 

イマーシブシアターとは、ニューヨークでブームを巻き起こした「没入型演劇」と呼ばれる新しい演劇の手法で、『泊まれる演劇』は実際に真夜中のホテルを彷徨い歩き、自身が物語の一役として参加するものだ。新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、HOTEL SHE, KYOTOは予定していた6月の初演を延期した。

 

しかし、それに伴い舞台をオンラインに移し、自宅のパソコンやスマートフォンから鑑賞できる『泊まれる演劇 In Your Room』を企画。ゴールデンウィークに開催された初演は、480枚用意されたチケットがわずか1時間足らずで完売するほどの注目を集めた。

前作のイメージ
着信があるかも

二作目となる『ROOM 102』の脚本・演出は、前作に引き続きSCRAP所属のきださおりと、ミステリー作家で劇団渋谷ニコルソンズを主宰する木下半太が担当する。

 

前作では、自宅に招待状が郵送されたり、劇中には登場人物からの着信があったが、今作でもホテルの客室からのライブ中継でキャストが観客に話しかけてきたり、質問を投げかけるなど、インタラクティブに作品を楽しめる仕掛けがありそうだ。演劇 × サスペンス × ライブ配信の三位一体で、新しいエンターテイメントの可能性に溢れるコンテンツであることは間違いない。

自宅にいながらホテルにチェックインするような、旅のワクワクを。

「旅に出ることが困難なこの時代に、少しでもホテルにチェックインする時のワクワク感や非日常性を感じてもらえれば」という、今作のコンセプトはズバリ『旅』。チケットを購入すると自宅に届けられる「秘密の案内状」は、封筒に入った状態で郵送され、公演がスタートするまで一切の開封は厳禁だ。 さらにコンセプトを楽しむための「ギフト付き案内状」が、各回5枠限定で販売される。

 

まだまだすぐにはこれまでのような“日常”に戻れないからこそ、来るべきオフラインの『泊まれる演劇』に出会うその日まで、自宅の部屋でオンラインの“非日常”の可能性を味わい、前向きな体験を重ねたいものだ。

日時

2020年6月24日(水)~29日(月)

19:00~ / 21:00~ / 23:00~ / 25:00~

会場

HOTEL SHE, KYOTO

※オンライン上演のため自宅での鑑賞。

視聴方法

オンライン会議サービス『zoom』を使用。
※事前にzoomアプリケーションのインストールが必要。
※スマートフォンからの鑑賞も可能だが、一部体験が難しい演出も有り。

脚本・演出

きださおり / 木下半太

料金

¥3,800(税込)
ギフト付き ¥6,000(税込)

定員

各回最大25名

※作品の演出上、一人1公演のみの参加。

チケット予約

2020年5月23日(土)22:00より先着販売予定
https://note.com/tomareru_engeki/n/n0d536d89a764

企画・運営

HOTEL SHE, KYOTO

WRITER

RECENT POST

REVIEW
ザ・ディランⅡ
COLUMN
たなからルーツ Shelf_01 - TheStoneThatBurns アベヒロキ –…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張してい…
INTERVIEW
確かさの揺らぐ現代における、孤独と共存の媒介者-烏丸ストロークロック『まほろばの景2020』インタビ…
ART
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
2002年の煽動、音楽が繋ぐこれまでと現在。ZOOZ始動インタビュー
INTERVIEW
諦めにも似た音楽への深い愛 – NYAI 2nd full Album『HAO』リリース…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 / Day3】MONO NO AWARE / 清竜人 / 在日…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 Day2】ハンブレッダーズ / Dos Monos / tri…
REVIEW
【3×3 DISCS】NYAI – OUT PITCH
REVIEW
【3×3 DISCS】HO17 – HOLIDAYS OF SEVENTEEN
INTERVIEW
1+1+1+1に成ったthe coopeezの無限大~京都ワンマンライブ直前インタビュー
INTERVIEW
Post Modern Team 3rdアルバム『COME ON OVER NOW』リリースインタビ…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day3】東狂アルゴリズム / OGRE YOU ASSH…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day2】接近!UFOズ / シンガロンパレード / H …
REPORT
今を生々しく鳴らす3組の、美しい物語の途中~『in-phase KYOTO』 @ 京都GROWLY …
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ③続ける人たち-
INTERVIEW
my letter×スーパーノアリリース対談「バンドって、辞めるほどのことじゃない」- 京都で活動を…
REPORT
ジャンルという言葉を簡単に越境するWhy?という体験 WHY? Japan Tour @UrBANG…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P2:謎クリエイター 吉村さおり(SCRAP)
SPOT
こころ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ②舞台に立つ-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ①家ガール-
REPORT
企画屋UTAGEが冬の京都にぶち込む「遅れてきた夏フェス」ことパニックバカンスとは?イベントメンバー…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day2】Limited Express (has gon…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day1】台風クラブ / あっこゴリラ / CHAI / …
REPORT
『ウサギバニーボーイさん』祝賀会 @ 京都GROWLY ライブレポート
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ニーハオ!編 …

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。