NEWS

jizueがオフィシャルファンクラブ『shiori』を開設!メンバーの個性を活かしたコンテンツを配信。

MUSIC PR 2020.05.13 Written By 出原 真子

京都を拠点に活動するインストゥルメンタル・バンド、jizueが、2020年4月28日(火)にオフィシャルファンクラブ『shiori』を開設した。

 

注目は、各メンバーの個性を存分に活かした会員限定コンテンツ。山田剛(Ba)が執筆を担当する「COLUMN」、片木希依(Pf)が楽曲を譜面に書き起こし、片木自身の演奏動画を楽しめる「SCORE」、井上典政(Gt)が制作した未発表音源を聴ける「TRACK」などユニークなコンテンツを配信していく。また、会員限定グッズの販売も決定。その第一弾として、jizueのステージ衣装を手がけるAPI customとコラボしたオールハンドメイドのトートバッグが数量限定で販売される。今後も随時コンテンツが発表されていく予定だ。

 

jizueといえば、京都・大阪のライブハウスを支援するために、4月17日(金)にNABOWAと完全リモートで制作したコラボレーションアルバム『Sketch』を発表して大きな反響を呼んだ。今後もその動向に目が離せない。

jizue official fanclub “shiori”

 

 

会員費:月額350円(税別)

https://jizue.bitfan.id/

jizue

 

 

2006年結成。
これまで6枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCK FESTIVAL』、『GREENROOM FESTIVAL』、『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。
国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。
2017年10月、ミニアルバム『grassroots』でビクターよりメジャー・デビュー。
2018年7月、6枚目のフルアルバム『ROOM』をリリース。
2019年7月、コンセプト・アルバム『gallery』をリリース。
2019年10月には京都市交響楽団サポートによる初のオーケストラ公演を開催。
2020年2月26日、オーケストラでのライブを収録した『jizue orchestra Live at Kyoto Concert Hall 2019.10.19』を配信&DVDでリリース。

 

Webサイト:https://www.jizue.com/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
きょう、つくる人 第5回 – Ren・中根嶺
ART
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 珈琲×本棚×工芸編 –
SPOT
HOTOKI
SPOT
murmur coffee kyoto
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ③FUJI ROCK FESTIVAL ’18と “サ…
SPOT
Kaikado Café
INTERVIEW
きょう、つくる人 第4回 – 植物造形家・瀬戸友歌
INTERVIEW
きょう、つくる人 第3回 – ayako.ceramics・小川文子
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ②十二国記編-
REVIEW
いちやなぎ – naked.
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ①カメラ編-
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:出原 真子】Roan Yellowthorn:流麗な調べに潜むス…
REVIEW
Special Favorite Music – TWILIGHTS

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。