EVENT

【開催中止】HOMESHAKE Japan Tour 2020

MUSIC PR 2020.05.18 Written By 阿部 仁知

本イベントは新型コロナウイルスの影響で中止となりました。詳細は公式サイトをご覧ください。

新型コロナウイルスの影響により3月の公演が延期となったHOMESHAKE(ホームシェイク)の振替公演が12月に決定。3日(木)の東京での公演に続いて、関西では4日(金)に京都CLUB METROにて開催される。泣く泣くキャンセルとなった2018年の大阪公演、そして今回の京都公演延期と来日を切望していた関西のファンにとっては、待ちに待った公演だ。

 

Mac DeMarco(マック・デマルコ)のサポートギターを務めていたことでも知られる、カナダ・モントリオールのシンガーソングライターPeter Sagar(ピーター・セイガー)のソロプロジェクト、HOMESHAKE。洒脱ながらもどこか退廃的な脱力感をまとう、いつか見た夢のような最新作『Helium』のサウンドスケープを一身に浴びられるのだから、これはたまらない。そんな『Helium』の夢風景をエレクトロニックに覚醒させたリミックス集『Helium Remixes』では、彼のお気に入りのアーティスト8名が起用された。今回の来日公演では“Nothing Could Be Better”のリミックスを手掛けた電子音楽家、食品まつり a.k.a foodmanもスペシャルゲストとして登場。この邂逅は見逃せない。

関西のファンはもとより彼もこのリベンジ公演には気合いが入ることだろう。フロアが遠のいてしまって久しい昨今だが、冬真っ盛りのMETROで彼の音楽と戯れる日を思い描きながら、未来に想いを馳せようではないか。なお、既に購入済みの3月14日(土)の京都公演のチケットは12月4日(金)の公演に振り替えられ、振替公演に参加できない購入者は払い戻しも可能。新規のチケット販売は9月19日(土)から。

INFORMATION

日時

2020年12月4日(金)

open 18:00 / start 18:30
※開場・開演時間が当初より変更となります。

会場

CLUB METRO

京都市左京区下堤町82

出演

HOMESHAKE
SPECIAL GUEST:食品まつり a.k.a foodman

料金

前売り ¥5,500(+1ドリンク代別途)

チケット

前売り:2020年9月19日(土)10:00~
チケットぴあ(Pコード:184-879)ローソンチケット(Lコード:53286)e+(イープラス)、ZAIKO

※2020年3月14日(土)京都CLUB METRO公演のチケットはそのまま有効となります。

お問い合わせ

SMASH WEST

06-6535-5569

払い戻し

払い戻し期間

2020年5月9日(土)〜7月31日(金)

払い戻し方法

購入したプレイガイドにて対応
チケットぴあローソンチケットe+(イープラス)、SMASH friends 会員予約
※岩盤、ZAIKOで購入した方は登録したメールアドレスに返金案内が送られます。

WRITER

RECENT POST

REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。