NEWS

アーティストのためのプラットフォーム・プロジェクト 『アート・ゴーズ・オン』が開設

ART 2020.05.08 Written By 丹 七海

クリエイティブコーディネイター・笹貫淳子、イラストレーター・ Rocket Jack 、映像プロデューサー・滝本章雄の3名がアーティストのためのプラットフォーム・プロジェクト『アート・ゴーズ・オン』を立ち上げた。このプロジェクトは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で個展やイベントに不安を抱えるアーティストたちに「表現を続けて欲しい」との思いから発足し、SNSへの作品の投稿を通しアートの多様性や重要性を世の中へ訴えかけるものとなっている。

『こんなにも世の中はクリエイティブで溢れている』を知ることで
心ある世界を共有することができる。
だから描き続ける、私たちは伝え続ける。
この『継続する』を共有し目指したい。

アート・ゴーズ・オン発足ステートメントより抜粋

参加方法も簡単で、公式HPの規約に則り自身の作品をSNS(Twitter、Facebook、Instagram)に投稿するだけ。上記のステートメントに賛同できる人ならば、ジャンルや国籍、所属などを問わず誰でも参加できる。作品はオフィシャルSNSに共有され、国内外のアート・クリエイティブ業界や愛好家の目にも止まることも。オフィシャルFacebookは500人以上のフォロワーを獲得するなど大きな盛り上がりを見せており、アーティストが自ら発信するアートコミュニティとして、今後も益々の発展が期待される。

参加方法

1) アーティスト名
2) 作品タイトル(あれば)
3) 作品コンセプト
4) アートゴーズオンへのメッセージ
5) タグ @artgoeson2020
6)ハッシュタグ #artgoeson #アートゴーズオン

*ジャンルレス、作風自由
*唯一の縛りは「攻撃しないアート」。物事や誰かを攻撃しないテーマであること。
*過去作・新作不問(ライツ抵触に注意)

 

以上の情報を添えた上で、自身のSNS(Twitter、Facebook、Instagram)に投稿

 

公式HP

#ART GOES ON

WRITER

RECENT POST

COLUMN
書評企画『365日の書架』〜11月のテーマ ノスタルジアを感じる〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜10月のテーマ 家族の形を描いた〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜9月のテーマ 人生の羅針盤になる〜
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ③放送部編-
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜8月のテーマ 毎日の風景が少し変わる〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜7月のテーマ 大切な人と読みたい〜
COLUMN
書評企画『365日の書架 』〜6月のテーマ 旅の支度をしたくなる〜
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ②音楽との出会い編-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ①西尾維新編-
SPOT
狐菴 KissaCo
REVIEW
浪漫革命 – NEW ISLAND ROMANCE

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。