REVIEW
FOUR!!!!
ニーハオ!!!!
MUSIC 2020.05.05 Written By マーガレット 安井

音源を聴き終えて、まるでライブを観た後のような高揚感を覚えた。ニーハオ!!!!の4枚目となるフル・アルバム『FOUR!!!!』は「エモーショナル」という言葉が似合う作品だ。

 

2000年にツインベース+ドラムの3ピース・バンドとして結成したニーハオ!!!!は2004年、山本精一が主宰するUMMO RECORDSより『RED』、『BLUE』の2枚連作ミニアルバムをリリース。2005年にはJohn Zorn(ジョン・ゾーン)のレーベルTZADIKから1stアルバム『GORGEOUS』、2011年に2ndアルバム『MARVELOUS』を発売する。メンバーチェンジを経て現在は、RED ARIKOとBLUE YUKARI(Limited Express (has gone?) )、YELLOW MIWAKO(ex.THE LET’S GO’s)、PURPLE KAORI(LisaloomeR)の4人で活動している。

ニーハオ!!!!は何者にも束縛されず、初期衝動のまま突き進む。それは本作『FOUR!!!!』でも変わらない。ローファイでざらついた音質を残し、プリミティブで力強いビートと、ノイジーなサウンドが特徴的だ。打算的な楽曲構成ではなく、唐突に拍子が変わることもあるし、“Can’t stop“のように歌詞すらなく一語をひたすら叫ぶナンバーもある。また特殊ロックンローラー、クラーク内藤のトラックを使った“MATSURI-SHAKE”は盆踊りのビートにSkrillex(スクリレックス)のようなワブルベースをバリっと効かせたサウンドで、メンバー全員で「ええじゃないか」のような祝福ムードとあわよくばの期待に胸を膨らませた歌詞が秀逸だ。同じく内藤のトラックを使った“FUTURE”ではトラップ的なビートと、ギターノイズが靄のようにおおいつくすサウンドスケープの中でYUKARIとMIWAKOがラップを披露する。

 

一言でいってしまえば無秩序だ。盆踊り、ヒップホップ、パンクロック、ノイズといったありとあらゆる音楽をがむしゃらに演奏するニーハオ!!!!がいる。しかもその多種多様な音楽とエモーションを1~2分に凝縮したことで、作品を聴くたびおびただしい熱量がリスナーへと伝播し、目を閉じると暴れながら演奏する姿が瞼の裏に表れるだろう。ではなぜ彼女たちはそんな初期衝動を求めようとするのか。それは「常に自由でありたい」という心の表れではないだろうか。

例えばドラム。今回の作品でもよく聴けばドラムとシンバルが歪な部分が見受けられる。それはドラムパートをフロアタムがYUKARI、スネアとハイハットがARIKOと、メンバーが分担しているからだ。これにより一人で叩くことでは生まれない新鮮なリズムが生み出される。この試みは前作『NO RESPECT』から行っているが、その頃の演奏を聴くと発想的には素晴らしいが、ややドライブ感に欠け、作品内であまり上手く機能していない印象であった。しかし本作では発想が血肉化し、1人のプレイヤーでは出来ない歪ながらも推進力のあるビートが楽しめる。特に『NO RESPECT』と『FOUR!!!!』の両方に収録されている“Can’t stop”をそれぞれ聴き比べると、「ドライブ感が増した」という言葉の意味が分かるはずだ。

 

では、なぜ彼女たちは自由であろうとするのか。本作のインタビューでYUKARIが「自分たちが自由に生きていくための手段としてニーハオ!!!!という装置を動かしていくような感じが出てきたかもしれない」と語っていたが、だからこそ彼女たちはバンドという固定概念を崩し、「こんな面白いこともありじゃないですか?」を提案するのではないか。14曲でたった24分。彼女たちの初期衝動を魅せるにはジャストの時間設定だし、パンクバンドのライブを見た後のような興奮と胸の高鳴りを体験できる。この作品で誰もが「ライブで彼女達のステージを見たい」と思うに違いない。COVID-19が終息し、いつかライブ行けるようになったときには、ニーハオ!!!!があなたを最高の音楽で出迎えてくれるはずだ。

ニーハオ!!!!『FOUR!!!!』

 

 

発売日 : 2020年4月29日(水)
品番 : NHO-002
税抜価格 : 2000円(税別)
発売元 : NI-HAO IS HERE

購入:ゆかり商店

 

収録曲

 

1.  CHECK ON WEBSITE
2.  Whole Life
3.  ちょちょちょちょ
4.  きみはButterCup
5.  う!あ!
6.  MATSURI-SHAKE
7.  No Time
8.  What I want
9.  Can’t stop
10.  FUTURE
11.  My proud
12.  攻撃の要
13.  ステラ・ルー
14.  SPIDER13

 

公式Webサイト:https://ni-hao-ni-hao.jimdofree.com/

WRITER

RECENT POST

SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
【3×3 DISCS】Easycome – お天気でした
REVIEW
【3×3 DISCS】相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
【3×3 DISCS】CAMERA TALK – FLIPPER’S GUI…
REVIEW
【3×3 DISCS】Guppy – Charly Bliss
REVIEW
【3×3 DISCS】Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gi…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。