REPORT

Magical Colors Nightで見た、地方インディシーンの可能性

金沢のnoidというバンドが面白いイベントをやっている、という噂はかねがね聞いていた。国内外の実力派バンドが多数出演するそのイベントの名前は『Magical Colors Night』(以下MCN)。2005年3月から不定期で開催されていたMCN。2013年以降には年に2~3回行われるこのイベントとして成長し、全国各地にその名を浸透させている。イベントへの意欲的な姿勢と、留まることを知らない拡大の勢いを京都から見ていて、金沢の音楽シーンへの興味がとにかく高まっていた。

2月に来京していたnoidがMCで「京都から金沢まではサンダーバード(特急列車の名称)ですぐなんで!」なんていうもんだから、これは一度行って金沢が近いか確かめるしかない!と一念発起し、3月のMCNに取材を敢行しました。

Magical Colors Nightって?

京都から特急サンダーバードに乗っておよそ2時間。金沢は思ったよりも京都から近い。最近では北陸新幹線開通で東京からのアクセスもしやすくなり、街は多くの観光客でにぎわっていた。観光地として着実に知名度を上げている最中の金沢だが、音楽事情は厳しい状況にあるよう。MCNが開催される直接のきっかけでもあるのだが、金沢(というか北陸)には海外のバンドはおろか、日本のバンドもあまり訪れないというのだ。自分が見たいバンドが金沢ではなかなか見ることはできない。そんな状況にnoidは悔しさを覚え、MCNをスタートさせた。

 

2013年noidがセカンドアルバムのリリースイベントと合わせて開催したMCNは、ドイツのGardaを招き成功をおさめた。彼らはこのMCNでイベントをする喜びと楽しさ知ったという。この頃から京都から富山へ移住したゆーきゃんや、東京から京都に移住した音楽ライター・岡村詩野もMCNに参加するようになり、京都への縁も深くなってきていた。 特筆すべきは、イベンターを通さずnoidが直接ブッキングし、イベントを作り上げていること。海外バンドの招致には莫大な費用もかかれば、宣伝費も手弁当。これだけのことを定期的にこなしているバンドは日本でもそういない。彼らは「自分たちがかっこいいと思うバンドを呼ぶ」というそれだけの信念でこのイベントを続けている。だからこそ、このイベントが全国に少しずつ、そして着実に伝播しているのだ。

2016.3.5 Magical Colors Night + SORETO MUSIC

取材でお邪魔したMCNはnoid、宮内優里、ROTH BART BARON、チームマモル4(nhhmbase)、aoki laska、KYON、ゆーきゃん、イマ(O.A.)、DJ岡村詩野、そしてトークセッションに作家/ジャーナリストの佐々木俊尚を迎えた豪華2部構成で行われた。 第1部のトークショーが行われるメロメロポッチという会場は近江町市場内にある喫茶店。何度か金沢の近江町市場には行ったことがあったのだが、ここにライブが出来る場所があったなんて……!

階段を下りて薄明かりのライトが灯る店内に入ると、年季の入った家具や雑多に物が置かれたカウンターが目に飛び込んでくる。広さはカウンターから室内が見渡せる程度。しゅっとしたカフェには絶対にない安心感がそこには広がっていた。 そんなメロメロポッチで開催されたトークセッションは佐々木俊尚のトークとnoidのVo.エイジ、ゆーきゃん、ROTH BART BARONの三船、そして音楽ライターの岡村詩野、そして急遽佐々木俊尚も参戦した座談会の2部構成で開催。MCNを切り口に地方の音楽シーンについて語る座談会ではMCNの生い立ちから、それぞれがこのイベントへかける思いを熱く語った。

終わりが見えないほど盛り上がったトークセッションをを無理矢理まとめて、第2部のライブが行われるアートグミへ移動。 アートグミはメロメロポッチから徒歩3分程度の場所にあるアートギャラリー。アートグミに足を踏み入れるとまずカレーのにおいに食欲をそそられる。さらに進むと地元のパン屋さんが出店していたり、コーヒーも販売されていたり、フロアの外も大賑わい。MCNの醸し出すアットホームな雰囲気をすぐに感じ取ることができた。 天井が高くとても開放的なフロアの両端に向き合うようにステージを組み、交互に絶えずライブを行われた。フロア中央には椅子が置かれ、長丁場のイベントでも快適に過ごす工夫も。細やかな工夫が随所に感じ取れた。

実際5時間以上に及んだこのイベントのタイムテーブルを見たときにちょっとしんどいかな……?なんて考えていたのだが、そんな考えは杞憂に終わる。床に座ってだらっとしたり、コーヒーを飲んでゆっくりしたり、自由に、ストレスフリーの状態でイベントを楽しむことができた。初めて足を踏み入れた金沢のライブイベントでこんな気持ちになれたことがとにかく不思議だった。

オープニングアクトのイマからnoidまでの7アーティストがノンストップでライブは行われた。良質で上質なパフォーマンスの数々に心踊らされた。 この日は大トリは主催のnoid。7アーティスト登場した後で、いい時間になっているにも関わらず多くの人でフロアは埋め尽くされていた。MCNとnoidが地元金沢でどれだけの支持を受けているか、そこにいた人々を見れば一目瞭然であった。ライブでは京都のmy letterとのスプリット7インチに収録された“STARS”や新曲も多数披露。イベントのキュレーション能力だけでなく、バンドでも魅せることができるのはこのバンドの強みであろう。“ストレンジポップ”と称された、少しひねくれたリズムも彼らの手にかかればnoidの音色となり、私たちの身体を揺らした。 京都でのnoidのライブを何度か見ているのだが、割とスローテンポでじっくり聞かせるセットリストだっためそのイメージが強かったが、金沢で見るnoidは全く別物のバンドのようであった。きらきらした疾走感のある楽曲を武器にオーディエンスをあおり、vo.エイジがフロアに降りてきてオフマイクで歌う場面も。周りにはnoidの楽曲を口ずさむ人がたくさんいて、その場の一体感やグルーヴが渦を巻き、とてつもない高揚感が生み出されていた。こんなnoidを京都でも見てみたいと強く思わされた。

MCNの行方

MCNは1バンドのイベントというより一種のメディアとして成り立っている『noid』というフィルターを通して私たちと新しい音楽を繋ぐ役割としてきちんと機能している。イベンターが採算重視で呼ばない/呼べないバンドも、noidは金沢に呼ぶ。もちろん収支は大事だが、それ以上にイベントの質を重視しているからだ。しかもそれを1度で終わらせることなく、継続していることがMCNの強みでもあろう。北陸地方でMCNへの信頼度は高く、イベント自体にお客さんが付いているみたいだ。

 

また、彼らはMCNの宣伝活動の一環として出演者の音源を集めたCD-Rを北陸中に配布している。自分たちの足でCDショップやライブハウスなどの音楽好きが集まる場所に丁寧に配布しているのだ。ネットを使えば音源を無料で簡単に音源を配信できる現代で「音楽が好きな人にイベントのことを知ってもらう」ことを目的にこの宣伝スタイルを貫いている。次回のMCNの宣伝用CD-Rをいただいたのだが、質の高さに感動した。これを無料で配っていたら、金沢や北陸の若者たちの耳が肥えて、よい音楽がさらに北陸で増えていく……そんな想像が一気に頭の中を駆け巡った。

彼らがメディアであることで金沢や北陸のシーンは育つ。でも決して彼らは「金沢・北陸向け」にイベントをしている訳ではなく、MCNが日本全国、そして世界からもお客さんが金沢に集まるイベントになることを望んでこのイベントを行っている。メジャーが、東京がすべてではない。彼らのように自分たちのやりたいことをやれてこそ、ミュージシャンのあるべき姿なのではないだろうか。そんなことを思わされた。こんな思考を持ったバンドが、イベントが、もっと首都圏以外に増えることを願って止まない。

 

さて、そんなMCNはとどまるところを知らない。次回は2016年5月15日(日)、メロメロポッチと同ビル2階Bambiにて、ロサンゼルスのバンド・my hawaiiのジャパンツアーの金沢編として開催される。お見逃しのないよう。

Magical Colors Night -my hawaii japan tour kanazawa-

my hawaii

mcn_160515

 

日時2016.5.15(日) 

OPEN / START 16:00/16:30(22:00頃イベント終了予定)

 

 

会場
■金沢メロメロポッチ
http://meropochi.web.fc2.com/

■Bambi
http://s.tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17007397/

 

 

出演:
メロポチステージ
noid
my hawaiiUSA
Alfred Beach Sandal
UQiYO
Wanna-Gonna
The Chimney Sweeper

Bambiステージ
ゆーきゃん
やんせい

BGM SELECTION
モカ(和ラダイスガラージ)
ten tote

◼FOODS &SHOP
こくう(パン)
https://m.facebook.com/bakery.cokuu/

Niginigi(おにぎり)
https://www.facebook.com/niginiginiginiginigi/

Luca(占い / オラクルカード)

 

 

TICKET:

予約/当日 ¥3000/35001ドリンク別)
学割¥23001D

 

予約:magicalcolorsnight@gmail.com
送信の際
【①お名前②連絡先③枚数】を明記お願いします。
こちらからの返信メールをもって予約完了とさせていただきます。

後援:FM N1

 


 

MCN公式HP(詳細・予約)
http://magicalcolorsnight.tumblr.com/MCN-info

 

出演者HP
my hawaii
https://myhawaii.bandcamp.com/album/definition-of-friends
http://www.flakerecords.com/news_toneflakes96.php


noid
http://noidnoid.tumblr.com/STARS


alfred beach sandal
http://alfredbeachsandal.com/


UQiYO
http://uqiyo.com/


The Chimney Sweeper
http://www.thechimneysweeper.net/phone

 

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2020年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
SPOT
【閉店】ダイニングバー DEN-EN
COLUMN
【2020年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
お歳暮企画 | MOVIE OF THE YEAR 2019
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay3 – 2019.10.27
COLUMN
【2019年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay2 – 2019.10.26
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay1 – 2019.10.25
COLUMN
【2019年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
若き奇才たちがつくりあげる“ポップ・ミュージック”の最新形ーーHitotonari『Rinkaku』…
REPORT
【SXSW2019 – まとめ】原点回帰へと向かうSXSW
REPORT
第2回 うたのゆくえ レポートまとめ・フォトレポート
INTERVIEW
今この瞬間、このメンバーだからできるパフォーマンスを。劇団ソノノチ最新公演『つながせのひび』への想い…
ART
INTERVIEW
音楽について書くことを純粋に楽しむ。関西音楽メディア・ki-ftのこれまでとこれから。
COLUMN
アジアのフェスってどんな感じ?実際に行ってみた人に聞いてみた〜中国Concrete and Gras…
REPORT
【和島咲藍の見たボロフェスタ2018 Day2】アイアムアイ / ベランパレード / Polaris…
INTERVIEW
VOGA第15回本公演『直観と情熱』記念 VOGA代表・近藤和見インタビュー
ART
REPORT
【フォトレポート】Klan Aileen at 京都GATTACA 2018.06.30
REPORT
アウトプットへの一歩を踏み出そう!京都写真部第一回フォトウォークレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.6
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.4
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.15 – 03.17
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.09 – 03.14
REVIEW
【3×3 DISCS】Make Believe – Weezer
REPORT
【SXSW2018】新しいPeelander-Zを見た
INTERVIEW
下ネタを、人間ドラマで見せる!?旗揚げ約20年のニットキャップシアターが送る最新コント公演『That…
ART
INTERVIEW
【shrine.jp20周年記念特別インタビュー】今もなお新たな挑戦を続ける糸魚健一の20年に迫る
REPORT
【岡安いつ美が見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / 愛はズボーン / ひとりバレー…
INTERVIEW
竹上久美子の「これまで」と「これから」
REPORT
“当たり前”を違う角度から見るとどうなるのか? – OKAZAKI LOOPS 2017…
REPORT
Color of Yellow:イベントレポート
INTERVIEW
「バンドを辞める人を1人でも減らしたい」–そんな想いから生まれた“【座談会】働きながら音…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ③写真編-
INTERVIEW
【私たちがアンテナをやる理由】編集長・堤編
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.15
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.14
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.13
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.12
REPORT
【SXSW2017】vol.2 – SXSW2017 The 2017 Grulke P…
REPORT
【SXSW2017】vol.1 – SXSWとは?
REPORT
Owen Pallett JAPAN TOUR 2017@CLUB METRO 2017.04.26
INTERVIEW
THEロック大臣ズ解散。Vo.たなかけんすけ単独インタビュー
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.18
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.17
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.16
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ②SXSW-
REPORT
Indie Label Showcase vol.1レポート – レーベルを立ち上げる …
REPORT
“今”のトクマルシューゴを体感せよ。ートクマルシューゴ LIVE TOUR2016-2017 @ 磔…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ①Peelander yellow-
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day2】@ スペースU古河 2016.10.23
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day1】 @ スペースU古河 2016.10.22
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – 杉浦真佐子編 –
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ときめき☆ジャンボジ…
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – クリトリック・リス編…
COLUMN
【映画のすゝめ】第5回:ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!
REPORT
青葉市子&SKIP SKIP BEN BEN east asia tour in 小豆島・島フェス …
INTERVIEW
『ウサギバニーボーイさん』リリース記念特別インタビュー
INTERVIEW
第6回スキマアワー開催記念 キツネの嫁入り・マドナシインタビュー
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.5
COLUMN
映画のすゝめ 第4回
REPORT
Rainbow’s End 2016 @円山公園音楽堂 2016.05.22
COLUMN
【映画のすゝめ】第3回
REPORT
FOREST @ 京都GROWLY 2016.02.25
COLUMN
【映画のすゝめ】第2回
SPOT
JET SET
SPOT
100000tアローントコ
COLUMN
【映画のすゝめ】第1回
INTERVIEW
【きょう、つくる人】第2回:grasspool・小西弘恵
INTERVIEW
【きょう、つくる人】第1回:花背WARA・藤井桃子
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 後編
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 前編
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.3
INTERVIEW
なぜ今台湾なのか?月見ル君想フ台北店オープンについて迫る
INTERVIEW
「人が動くアプリ」OTONOTO ーーわたしたちと音楽の新たな関わりかたを提示してくれたOTONOT…
REPORT
The Octopus Project Japan Tour -Kyoto- ライブレポート
REPORT
広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~ @ 京都GROWLY 2014.10.…
REPORT
ザ・シックスブリッツワンマン『BACK TO TAVERN』@ KYOTO MUSE ライブレポート
INTERVIEW
Peelander-Zの新メンバー・伊藤顕央とは一体何者なのか?
REPORT
sukida dramas @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.3-@CLUB METRO ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.2-@京都GROWLY 2014.08.09
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.1-@京都GROWLY ライブレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.2
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.1

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。