REVIEW
吸いきれない
gnkosaiBAND
MUSIC 2020.05.04 Written By 峯 大貴

4月14日、俳優の杏が弾き語りで加川良の“教訓Ⅰ”をカバーした動画を公開した(歌詞はハンバートハンバートによる一部改変されたもの)。70年安保を前にして起こった運動の熱量に呼応する形で沸きあがったアングラフォーク・ブームを代表する「反戦歌」として当時賛辞を集め、時に非難の対象にもなってきたこの楽曲。1970年の第2回全日本フォークジャンボリーで加川が歌い始めてからちょうど半世紀となる2020年に、杏のカバーを通じて再び日本中を駆け巡るとは。各種メディアでも取り上げられ『新・情報7daysニュースキャスター』(TBSテレビ)では「故・加川良さんのご家族」が電話取材を受けていたが、この曲を「争いごとと共存していくにはどうすればいいのかということを歌った」、「思いやりのある愛の歌だと思う」と、簡潔な言葉で反戦歌ではなく「ラブソング」として見事に評していたのだ。

 

この「ご家族」こそ、息子であるgnkosai。奇しくもこの番組が放送された4月16日には彼が率いるバンド、gnkosaiBANDが久々のアルバム『吸いきれない』をリリースしたというのは、なんというめぐり合わせだろうか。

 

リトルキヨシトミニマム!gnk!やきわわなどで活動してきたgnkosai(以下ゲンキ:Dr / Post)を中心に2013年結成。<FUJI ROCK FESTIVAL>や<祝・春一番>など国内主要フェスにも出演を果たしながら、湘南・横浜界隈で活動を展開してきた。レゲエ、ブルース、サイケを主軸に、ブレイクビーツやダブもミックスされた音像。無国籍でミニマムなアンサンブルは今勢いに乗るKhruangbin(クルアンビン)にも通ずる。彼らはそこに加えてゲンキがポエトリーリーディングを乗せていくスタイルで、Linton Kwesi Johnson(リントン・クウェシ・ジョンソン)Mutabaruka(ムタバルーカ)Jean Binta Breeze(ジーン・ビンタ・ブリーズ)に代表されるダブ・ポエトリーのルーツもあるだろう。しかし彼らにとってのリーディングはあくまでバンド・サウンドの一要素であり、常に音と言葉とビートの三権分立が根底にあるという点が換骨奪胎な表現となっている。

本作は2018年にメンバーチェンジを経て、オカザキエミ(シンセベース / Cho)が参加した現在の4人での初のアルバム作品となる。インストゥルメンタルを含めた全10曲。ソロプロジェクトmoqmoqや金佑龍のコーラスサポートなどでも活躍しているオカザキの加入によりポエトリーに歌が拮抗していくという、バンドが新たな局面に突入したことが伺える。

 

前半はオカザキが歌唱をとり、後から物語の濃淡をクリアにしていくようにゲンキがリーディングしていく“春の精”。中華風のサウンドを下敷きにしながら他の曲がカットインしていくダブ・ミックスでどんどん混沌の渦に巻き込んでいく“POSSE”。ゲンキ単独のリーディング・パートからボサノヴァ・グルーヴに突入していきオカザキが随所でスキャットを入れていく“yajin”。サウンドだけではなくボーカリゼーションの対比においても様々なアプローチが実践されている。

その極めつけはオカザキが詞曲にもクレジットされている“春一番”だ。間奏での足立PANIC壮一郎(Gt / Cho)によるCarlos Santana(カルロス・サンタナ)ばりのギターソロも痛快なラテン・ロックだが、ゲンキのリーディングとオカザキの歌がシームレスに掛け合って、後半には別の詞が並立で発声されていく。「またいつか会いましょう」で締めくくられる詞やタイトルの通り、今年最後を迎える予定だった長年大阪でゴールデンウィークに開催されていた野外コンサート<春一番>に捧げられている。「会えなくなってしまった 消え 無くなってしまった」と遠いところに語り掛けるような箇所には第1回の1971年から出演し続けていた加川良の存在も感じさせる。ステージでも披露されることだったろうが、新型コロナ・ウイルスの影響により開催中止。それゆえに「いつか会いましょう」と歌うこの曲が<春一番>の未来に向けて一筋の希望を残しているような気がしてならない。

 

また冒頭を飾る“Journey”もこの状況下でより胸に響いてくる楽曲だ。結成以降に彼らが出演してきたイベントと会場の名前をゲンキがただひたすら「ワン・ツー」と読み上げていく。その合間にはこれまで活動を共にしてきたメンバーたちの名前も挟まれる。極めてシンプルなブルースの構造であり、その詞表現はもはやポエトリーでもない。各地のステージで「ワン・ツー」とマイク・チェックをしてきた、これまでの実績と旅路を辿るメモリースティックとなる楽曲だったはずだ。しかしライブ営業が出来ず自粛に追い込まれている現在。どうかこの状況を乗り越えてくれと思いを巡らせ、会場一つ一つにエールを送り、今を共に生きる応答確認としての「ワン・ツー」として響いてくる。この曲もgnkosaiBANDから今窮地に立たされている現場を思いやった、リアルな「ラブソング」なのだ。

この時流の中で放たれた『吸いきれない』は決して数奇ではない。むしろ運命的に今の時代に寄り添うこととなったライブ・ミュージックとしての希望の光を灯している。人が行き交う街はマスクなしでは呼吸すらできない。狭窄した心が蔓延るSNSの空気はもう沢山だ。gnkosaiBANDはあなたの胸をラブソングで満たしてくれる。命はひとつ、人生は1回。だから余計なものなど、もう吸いきれない。

 

gnkosaiBAND『吸いきれない』

 

 

収録曲:

1.Journey
2.春一番
3.EASYなBGM
4.春の精
5.POSSE
6.M3
7.Yajin
8.Nuts!
9.再考
10.Patrick Taylor

 

Recorded at スタジオ月桃荘
Recording&Mix&Masterd by 足立PANIC壮一郎

 

PANICtracks a.k.a 生きててよかった

 

発売:2020年4月16日(土)

価格:2,750円(税込み)

取り扱い: gnkosaiBAND WEB SHOP

gnkosaiBAND

 

 

gnkosai(Dr / Poet)

Vi-Ta(Key / Cho)

足立PANIC壮一郎(Gt /Cho)

オカザキエミ(Syn /Cho)

 

読み方は自由、表記はgnkosaiBAND。 2013年結成。横浜、湘南を中心に活動の幅を広げ、「りんご音楽祭」「祝 春一番」 「劇団 維新派 屋台村公演」「SPRING SCREAM(台湾)」 「FUJI ROCKFESTIVAL 2018」等、野外イベントへの出演に加え、DAM(PNA) / Blue-eyed Son(L.A) / HeyMoonShaker(U.K) / EL HARU KUROI(L.A)等、 海外アーティストのジャパンTOURにも積極的に参加。

 

これまでに『我笑軟化-なんか笑っちゃう』『尊尊我無-とうとがなし-』『Repeat』と3枚のアルバムを自主リリース。 レゲエ、ブルーズ、サイケ等、ルーツミュージックを基盤とした演奏にポエトリーリーディングが乗る、なんとも説明しづらいその音楽性は奇をてらわずとも唯一無二。聞けば解るさ。

 

公式Webサイト:http://gnkosai.com/gnkosaiband/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。