NEWS

Age Factoryが昨年配信リリースした3曲をまとめた7インチを4月22日に緊急リリース

MUSIC PR 2020.04.17 Written By 金子 ゆか

4月29日に3rdアルバム『EVERYNIGHT』発売を控えたAge Factoryが、4月22日に大阪FLAKE RECORDSFLAKE SOUNDSより7インチを緊急リリースする。2019年夏にDAIZAWA RECORDSへ移籍後、各曲様々なベクトルでのインパクトを残しながら連続デジタルリリースした3曲を収録。

第1弾デジタルシングル『CLOSE EYE』は自己と対峙するハードコアチューン。2020年「新しい人の時代」へ向けたヒップホップ×ロックバンドというAge Factory流のオルタナティブの形を体現している。狂気的かつ論理的な散文、情報量の多い世界で自己との対峙を呼びかける。

 

第2弾デジタルシングル『HIGH WAY BEACH』は若者にしか見えない、忘れられない美しい景色を、短い夢のような時間を、鮮烈なイントロから無限に広がる世界が見えてくる美しく繊細な若者にとって本当のエモーショナルロック。朝方に聴こえた幻の海が目の前に広がる。

 

第3弾デジタルシングル『nothing anymore』は否定的・不安定な僕らの世代や全ての人に送るアンセムだ。清水エイスケ(Vo / Gt)の叫びと佐藤千亜妃(ゲストコーラス)の凛とした歌声で大切なものを失わないように「もう何もいらない」と切に歌う畢竟なバラードとなっている。

 

作品情報

 

 

 

アーティスト:Age Factory
タイトル:CLOSE EYE / HIGH WAY BEACH / nothing anymore
レーベル:FLAKE SOUNDS
発売日:2020年4月22日 7inch (FLAKES-228)、¥1,500+税

 

収録曲

 

A-Side
1. CLOSE EYE
2. HIGH WAY BEACH
B-Side
1. nothing anymore

 

 

Age Factory

 

 

Vo / Gt 清水エイスケ、Ba / Cho 西口直人、Dr / Cho 増子央人の3人からなる奈良県出身のロックバンド。
WEB:https://agefactory.biz/
Twitter:https://twitter.com/agefactory_
Instagram:https://www.instagram.com/agefactory/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
わからないものをそのまま楽しめるようになった。CARD 3rd ALBUM『TUNNEL VISIO…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。