REPORT

Baa Baa Blacksheeps @ 京都GROWLY ライブレポート

MUSIC 2014.10.04 Written By 高石 瑞希

歌に預けられた、感情のいっさい

Baa Baa Blacksheeps -広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~-@京都GROWLY 2014.10.04

ステージが始まってものの十数秒、遠鳴りのような歌声がフロアをつらぬいた。広島・埼玉の強力オルタナバンド勢を迎え撃つ京都の先鋒としてこの日イベントの皮切りを任されたのは、今年3月にファーストフルアルバムを発表し精力的にライブ活動をこなす4ピースギターロックバンド、Baa Baa Blacksheepsだ。

 

序盤から助走なしの展開。痛切に歌を届けるVo.神部のメロディーを支えながらも、それに負けじと全ての楽器が全力で歌っている。大きな波の中を注意深く覗くと、ひとつひとつが丁寧に選ばれた音が見え隠れするのだ。そうして緻密に編まれた楽曲だからこそ、日々に疲弊した心もポンと託してしまえる。Gt.こにーのやや花粉症気味なMCでは「こっち(京都)の方が面白いよ的な感じを出していきたい」と、おちゃめさを交えながらも遠方からの共演者たちにしっかり宣戦布告をかます。ギターのフィードバックノイズに引っ張られ、再び演奏が始まる。ここからが本当に凄まじかった。

 

重心の低いスロウな曲。すぐにこれは巨大なバラードだという確信が訪れた。音源の沁み入るような優しい印象とはまた違う力強い歌を後押しするように、音はどんどん厚みと勢いを増してゆく。ダイナミックな緊張を裂いて、曲頭で響いたフィードバックが再び観客を撃つ。クライマックスでまばゆいストロボライトのもとステージに倒れ込み激しくギターをかき鳴らす神部の姿は、ただ感情的というよりもむしろ、全ての人の奥底に脈々と流れるもどかしさを代わりに負っているようだった。

 

 圧倒されるこちらを尻目に「僕らなりの最高のダンスナンバー用意したんで!」と、こにーが明るく言い放ち、華やかなキラーチューン“夜間飛行”で彼らの世界はしなやかに綴じられていく。後味最高だ。生活の苦みを巧みに昇華させ鮮やかなライブを作り上げるBaa Baa Blacksheeps、これからも聴く者すべての心の置き場になってくれることだろう。

 

(photo:鷲岡遊)

WRITER

RECENT POST

REPORT
you, anyレコ発企画 -すべての夜に-@京都GROWLY 2014.10.21

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。