REVIEW
トーチ
折坂悠太
MUSIC 2020.04.03 Written By 峯 大貴

折坂悠太が4月1日(水)に新曲“トーチ”を発表した。ソロとしてはドラマ主題歌となった“朝顔”以来の新曲。松井文、夜久一との<のろしレコード>の活動も経て迎えた、2020年初リリースとなる。シンガー・ソングライターbutajiとの共作曲であり、2019年10~11月に開催された折坂の弾き語りライブツアーにbutajiがゲスト出演した際に披露されて以降、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」での演奏や、それぞれのライブでもセットリストに度々入っており、待望の音源化と言えるだろう(本作でもbutajiはコーラスとして参加しており、また2曲目には二人だけで演奏された弾き語りverが収録されている)。また山内弘太(Gt)、宮田あずみ(コントラバス)、yatchi(P)、senoo ricky(Dr)といった京都拠点の音楽家たちによる「折坂悠太(重奏)」編成による初録音である点も注目だ。

折坂が作詞、butajiが作曲を担当しており、台風19号など昨年の自然災害が題材となっている。トーチ(Torch)=「松明(たいまつ)、灯り、懐中電灯、発炎筒」。転じて失恋や片思いを歌った楽曲を総称した「Torch song」としても用いられる。そして今頃、日本全国を駆け巡っているはずだった「聖火」という意味も持つ。

 

冒頭「街はもう変わり果てて 光も暮らしもない夜に」と歌い始める。「壊されたドア 流れ込む空気に 肺が満たされてく」とも綴られる。甚大な被害をもたらして過ぎ去っていった台風による混沌へのレクイエム(鎮魂歌)だったはずが、偶発的に、運命的に。今まさにウィルスによって暗闇覆う世の中に寄り添う、祈りの歌になってしまった。

 

3月27日(金)、自身の単独公演中止に伴って無観客で執り行われた『折坂悠太 単独配信 2020 (((どうぞ)))』。筆者は一人、ノートPCで鑑賞していたが4曲目に演奏された本曲で、久しぶりに泣けたのだ。開店前から長蛇の列をなすドラッグストア、棚ががらんどうのスーパーマーケット、不信が募る記者会見と危機感を煽るワイドショー、自粛で窮地に立たされるライブハウス・ミュージシャン、緊迫するSNS、笑えるほどに悲しくなるドリフターズ、そしてなくなっていく仕事……。日常が揺らいで非常事態を日々として受け入れ、出来ることを気丈とこなす中で、知らず知らずのうちに蓄積されていた不安がこの曲で決壊した。(重奏)の演奏に感動したせいにして、やっと泣けたんだ。

公開期間4月12日(日)まで

この曲は“満月の夕”のような役割を背負ってしまうかもしれない。1995年の阪神淡路大震災の窮状を現地で経験した中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)と、東京から祈りを捧げていた山口洋(HEATWAVE)による共作曲で、東日本大震災の際も度々取り上げられた。これを「2020年代の~」みたいな位置づけなんて今は出来ない。嗚呼、またそんな曲が生まれてしまったんだ。でもこの曲は確かに、私の中で拠り所、一筋の灯(=Torch)となって力をみなぎらせている。

 

「お前だけだ あの夜に あんなに笑っていた奴は / 私だけだ この街で こんな思いをしてる奴は」

※4月3日(金)追記

また4月2日(木)SoundCloudで突如“Wadachi2020”を公開。『たむけ』(2016年)に収録されていた“轍”の改題であるが、不穏に繰り返されるガットギターのフレーズに、キーを落とし、いつになくく暗くふさぎ込んだ声色で朗々と折坂が歌い上げており、以前の仕上がりとはまるで異するものだ。アートワークは名盤『平成』(2018年)を思わせるイラストだが、折坂には布マスク二枚が貼りついている。そして「命あるものの その命一つ / 守る気ないなら お上など辞めろ」と安倍政権の新型コロナウィルスへの対応に向けられた明確に怒りがこもった歌詞。「もう我慢できない もう我慢しない」という反抗を掲げたプロテスト・フォークだ。

折坂悠太

 

 

平成元年、鳥取県生まれのシンガーソングライター。
幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。
2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。
2018年10月にリリースした2ndアルバム『平成』がCDショップ大賞を受賞するなど各所で高い評価を得る。
2019年3月29日に、シングル『抱擁』を発表。
2019年7月クールのフジテレビ系月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」主題歌としてシングル『朝顔』を発表。
2019年10月より弾き語りツーマンツアー“折坂悠太のツーと言えばカー2019”を開催。
2020年3月ワンマンライブ中止に伴い、配信ライブ“折坂悠太 単独配信 2020 (((どうぞ)))”を開催。
2020年4月1日に新曲“トーチ”をリリースする。

 

Official HP:http://orisakayuta.jp/
Twitter:@madon36
Twitter:@orisakayuta
Facebook:@orisakayuta
Instagram:@orisakayuta
YouTube:https://www.youtube.com/c/orisakayuta

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。