EVENT

【開催延期】SLOW DAYS

4月11日(土)と12日(日)に開催が予定されていた『SLOW DAYS』は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大に伴い、開催が延期されました。現状では2020年7月18日(土)と7月19日(日)での開催が予定されています。最新情報については下記をご確認ください。

 

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
清水温泉

春真っ盛りの2020年4月11日(土)と4月12日(日)、服部緑地野外音楽堂にて開催される『SLOW DAYS』。大阪では2回目の開催となる今回は2日間をゆったりと使い、まさに花盛りという表現が似合うような旬の12組のパフォーマンスが予定されている。

 

ソウルやジャズのエッセンスを現代に伝導する田島貴男(ORIGINAL LOVE)を筆頭に、ゆったりと祝祭を彩るオルガンインストゥルメンタルバンドのYOUR SONG IS GOODや、アンニュイな旅情を纏うMONO NO AWAREがラインナップされる1日目。さらにスリーピースの無敵感が凝縮された羊文学や、ファンキーなグルーヴの申し子東郷清丸のパフォーマンスも楽しみ。瑞々しくも情感あふれるバンドサウンドを奏でるCody・Lee(李)を観ながら春の風を感じるのも気持ちが良さそうだ。

2日目は今や国内のみならず世界に飛び出すTempalay流サイケサウンドに揺られ、モダンR&Bの鬼才TENDREの卓越したマルチプレイに舌鼓をうち、ドミコが奏でるエレキ、リリック、ドラムのキレの3乗に圧倒される。DENIMSの明快なギターポップに興奮し、切実に「いま、ここ」を奏で続けるHomecomingsとROTH BART BARONのパフォーマンスはここでしか感じられない体験となること間違いなしだ。

至極の12組とともに服部緑地の風と緑を堪能できる贅沢な2日間。昨今の情勢を鑑みると無事に開催されてほしいと祈るばかりで、最新情報は各自Webサイトをチェックしてほしいところだが、まさに“SLOW DAYS”の名前の通りのんびり音楽に浸る、ゆったりとした週末を過ごしてみてはいかがだろうか。

日時

2020年7月18日(土)、7月19日(日)開催予定

OPEN 11:00 / START 11:30 CLOSE 18:30(予定)

会場

〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-1

服部緑地野外音楽堂

出演

7月18日(土)

田島貴男(ORIGINAL LOVE)、YOUR SONG IS GOOD、MONO NO AWARE、羊文学、東郷清丸、Cody・Lee(李)

7月19日(日)

Tempalay、TENDRE、ドミコ、DENIMS、Homecomings、ROTH BART BARON

 

*出演者や日割り組み合わせが変更になる場合があります。

Webサイト

SLOW DAYS

主催

FM802

制作

ATFIELD inc. / 清水音泉

お問い合わせ

清水音泉

TEL:06-6357-3666(平日12:00~17:00)

MAIL:info@shimizuonsen.com

WRITER

RECENT POST

REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。