REVIEW
独り言
阿佐ヶ谷ロマンティクス
MUSIC 2020.03.05 Written By 峯 大貴

終わりのない日々に向けて、今再び彼らのポップ・ミュージックに灯がともる……東京を拠点に活動するバンド、阿佐ヶ谷ロマンティクスが3曲入りのEPを配信限定でリリース。2018年の2ndアルバム『灯がともる頃には』以来の新曲であり、本間玲(Ba / Mach Four)が正式メンバーとなった5人編成としては初作品となる。

 

 

2014年の結成より複数の意匠を折衷することでもって、オリジナリティを見出してきたグループだ。ニューミュージック~J-POPに基づいた歌をロックステディ、ラヴァーズロック、ミナス・サウンドなどのフレーバーで消化するひねりの効いたポップ・ソング。しかしそのリズムやサウンドはジャンルの融合によるフレッシュな音像を求めたものでも、ルーツ・ミュージックの復権を狙うものではない。貴志朋矢(Gt / Cho)が描く素朴で生活感の滲む詞・メロディと、有坂朋恵(Vo)の無垢な声と伴って共鳴し、東京で生きる20代の心情のアンビバレンスさを表現するために機能しているのが大きな特徴であり、また魅力であった。

 

その点において1stシングル“春は遠く夕焼けに”(2015年)はやっぱり特別だ。古谷理恵(Dr)によるステッパーズ・ビートから始まり、その当時の引き出しを全て詰め込んだようにパートごとに切り変わるリズムパターン。リフレインするキャッチーなサビのメロディ。そして「その頃は終わりを迎えるモラトリアム」と有坂が名残惜しさを滲ませながら、青春時代に別れを告げる歌唱。大学生から社会人になるタイミングだったことによる不安定な心情が乗っかった、2015年の彼らだからこそ生まれたメモリアルな楽曲だったのだ。

そんなこれまでの歩みを踏まえ、久々に届いたこの3曲には80年代の歌謡曲やニューミュージックが取り入れられている。それによって彼ら自身が物語の当事者から引き剥がされ、普遍性がブーストされているのが、これまでの楽曲群とは大きく異なる点だ。

 

先行で公開された“独り言”では所在無げなギターリフが本作のムードを象徴しており、有坂の歌唱も研ナオコ“夏をあきらめて”のごとく黄昏ている。一方でタメのきいたキャッチーなサビには1986オメガトライブ“君は1000%”を思わせる、現代からトリップしたセピア色のメロディが小気味よい。続く“めぐり逢えたら”では前半にラヴァーズロックのビートが現れ、有坂の歌が跳ね回る点には、これまでの彼らのアンサンブルとの連続性が感じられる。しかし堀智史(Key)の大胆なシンセ・フレーズがサウンドの核を成しており、アウトロに向けて熱量が上がり壮大なエスケープが展開されるのが新鮮だ。そして終曲“ネオンサイン”は“所縁”、“君の待つ方へ”にも通じるホーンも導入したキャッチーなナンバー。煌びやかなサウンド・セクションの一方で「ついて消える 一時的な景色」と繰り返し歌われる儚さとの、表裏で魅せる彼らのベスト・メソッドだ。

いずれもドライで軽やかな日本のエレジー(哀歌)と言えるような仕上がり。その眼差しとしては〈歌謡曲と黎明期のニューミュージック〉がコンセプトであった見汐麻衣のソロ作『うそつきミシオ』(2017年)と近しい姿勢を感じる。決して懐古主義なのではなく、自らの物語を表現するだけにとらわれない、時代を超えた普遍性を会得するためのアプローチだ。阿佐ヶ谷ロマンティクスが描く日本語ポップスは、今大きく曲がり角を迎えている。

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。