COLUMN

堤手ぶらで台湾へ行く Day3

TRAVEL 2016.05.03 Written By 堤 大樹

5月1日

さすがに連日連夜の夜更かしで疲労も溜まっていたので、この日はのんびりと起床をする。ただ宿泊先の”Muiui nn”が、今日以降予約いっぱいのため11時には宿をチェックアウトしなければならない。値段的にも、居心地的にも文句はなかったのだがこればかりは仕方がない。今日の宿を探した結果、一番安いのが龍山寺駅近くの”duckstay hostel”だったのでそちらに移動することに。

さよならMuiu inn……

MRTで移動してもいいのだが、朝一で元気なこともあって歩いて移動をする。台北駅から歩いて2駅、約2km程の距離なので大した距離ではない。またせっかくなので朝食を食べたいと考えていて、西門駅すぐそばにある”阿宗麺線”に寄りたい。有名店なため紹介するのも忍びないが、食べたいという欲求が上回りましたすみません。

ちなみに僕はセンター街に行ったことがないからわからない

阿宗麺線は西門 (渋谷のセンター街みたいなところ) の一角に店を構えており、いつ行っても沢山の人が並んでいるので初めて訪れた人でもすぐにわかるはずだ。どのような料理かと言うと、米粉の麺の餡掛けなのだが、餡にはホルモンやパクチーが入っており、鰹だしとのコンビネーションが絶妙な軽食向きの一品となっている。さらに「唐辛子・にんにく・酢」の3種のトッピングが自由で、僕はこれににんにくを混ぜるのがおすすめだ。相変わらずうまい。

メニューは大65NTか小50NTを選ぶのみ
日本にない味で病み付きになる
トッピング3種

■ 阿宗麺線

台北市峨嵋街8号之1

紹介ページhttp://www.taipeinavi.com/food/743/

麺線を食べ終わり、duckstay hostelに移動する。受付のお姉ちゃんにチェックインをお願いすると、規則によりまだ受け入れができないと言われた。時刻は12時、チェックインは15時なので3時間もある。荷物の預かりは可能のようなので、荷物を預けお昼ご飯を食べに行くことにする。悩んだすえに小籠包を食べることに。台湾に来たのであれば、これは食べなければならないでしょう。

長ったらしい言い訳になりますが、僕は小籠包が好きで、台湾に来る度に食べている。一番最初に来た時は最も有名な鼎泰豊へ行き、それ以外のお店にもいくつか行った。しばらくして台湾人の友人が何人かでき、知らないお店を教えて欲しくて、「どこの小籠包が一番美味しいのか」と聞いたことがある。しかしみんな口を揃えては、「鼎泰豊の小籠包が美味しい」と言う。だからもうこれに関しては半分ほど諦めていて、台湾へ来たら定番としてとりあえず鼎泰豊へ行くことにしている。誰かおいしいお店の情報があれば連絡をください。

MRT構内でめっちゃ練習していた

鼎泰豊の有名で言えば、本店や太平洋SOGOの店舗になるのだけど、休日で混んでいそうだし、もう少し空いているところがいい。ということで市街から少し外れた”板橋駅”近辺の鼎泰豊へ行くことに。到着してみると板橋は大きな運動場や、百貨店が立ち並ぶ台北でもわりときれいに整備された地区でした。

台湾の建物は高い
日本のブランドは人気

MRTから直結の”大遠百”という百貨店の中に鼎泰豊が入居している。駅に降りた瞬間、人が多く嫌な予感がしていたのだけど案の定かなり混んでいた。整理券をもらったところ、二時間待ちとのこと。しかし今更別のものを食べる気にもなれなかったので、買い物をして時間をつぶすことにする。百貨店の生鮮コーナーや誠品書店 (蔦屋書店のロールモデルになった本屋さん) を回ったが、日本語の書籍もかなり沢山置いてあり、台湾人が日本語に日常あら慣れ親しんでいるのがよくわかる。その後ユニクロでTシャツと下着を購入。日本の1.3倍ほどの値段だった。

大体どこもおしゃれな作り
大体どこもおしゃれな作り
完全に日本で買えるよねTシャツ

時間になり鼎泰豊へ戻ると、すぐに席に通してもらえた。鼎泰豊は日本語を喋れるスタッフが必ずいるのと、女性はみんなめっちゃかわいいのが素晴らしい。少しだけ値段が高いが、ご飯も文句なしに美味しい。鼎泰豊は台湾各地にかなりの店舗を出店しているが、大体どこも流行っているのが納得できる。日本にも出店しているが、こちらは更に値段が高く、味もいまいちなのはなんでなんだろう。日本で安くてうまい小籠包が食べたい。

shoronpooooooooooooooooowwwwww!!!!!!!!!!!
諸事情によりネギはない
キャベツ炒めにハマる
エビシュウマイ
ジャージャー麺みたいなもの

■ 鼎泰豊 (板橋店)

220, New Taipei City, Banqiao District, Xinzhan Rd, 28號B1樓

HP:http://www.dintaifung.com.tw/jp/

食事のあとはDuckstay Hostelに戻り、チェックインをすると、ICカードを一枚渡された。これがホステル、部屋、ロッカーの鍵となっているらしいが、デポジットとして200NT預ける必要があるので、紛失・破損には注意しなければならない。部屋はドミトリーだが、一部屋がかなり広く、ベッドにはカーテンが付いているので居心地はかなり良かった。シャワーや、共同スペースもきれいで、これが400NTなら大変ありがたい。しかもシャンプーもボディソープも付いてきた。手ぶらで今のところ問題がなにもない。

ダックステイのロゴが可愛い
これが全ての鍵になっている
もはやここに住めるくらいに居心地がいい

■ Duckstay Hostel

 No. 316, Kunming St, Wanhua District, Taipei City, 108

FB:https://www.facebook.com/duckstaytw/

身の回りの整理をしているうちに夜になり、今回まだ夜市でご飯を食べていないので、歩いて10分ほどの”南機場夜市”へ行くことにする。少し中心から外れている夜市だからか、観光客がまったくおらず、地元民で賑わっていた。まずは地元民で賑わっている”尚介青鵝肉城”という居酒屋へ入ってみる。

焼き鳥……?
おでん……?
寿司……?

お昼に食べ過ぎて、お腹もそこまで減っていなかったため、様子見で炒飯・空芯菜・麻婆豆腐を注文。台湾の居酒屋の面白いところは、飲み物は全てセルフで取りに行かなければならないところで、このお店も勿論自分で取りに行く。最後に精算する時には瓶の数を数えるわけだが、なんぼでもちょろまかせられそうだけどいいのだろうか。どの料理も味はそれなりで、値段もそれなりだった。

外観
青島ビール
麻婆豆腐
炒飯
空芯菜の炒めもの

せっかくなのでもう一品くらい食べたいなと思っていたら、路地裏に”阿亮餃子館”という名前のお店を発見。頬張っている人の餃子から判断するに、どう見ても美味しそう。値段も一個5NTと安く、水餃子ならツルリと食べられそうなので席に座る。注文最小個数の10個を注文すると、ものの3分で餃子が出てきた。もちもちの皮、シャキシャキのキャベツ、濃厚なタレに特製のごま油、最高であったことをここに記します。これは無限に食える……!”南機場夜市”へはこれだけでも足を運ぶ価値がありそうですよ。(あとで調べたら、南機場夜市B級グルメとして有名らしいですね)

いさぎのよい店名
調味料は沢山あるのでお好みに
食べごたえ最高でした!

■ 阿亮餃子館

100台北市萬華區中華路二段309巷

FB:https://www.facebook.com/pages/阿亮餃子館/129338637137326

■ この日使用したお金 (合計 1290NT=¥7200)

・宿 (Duckstay Hostel) 400NT

・阿宗麺線 50NT

・MRT 龍山寺駅⇄板橋駅 20NT×2=40NT

・鼎泰豊 600NT

・尚介青鵝肉城 200NT

・阿亮餃子館 50NT

・ユニクロ (Tシャツ / 肌着) 900NT

堤手ぶらで台湾へ行く

 

■Day1

https://stg.antenna-mag.com/column/tsutsumi_taiwan_day1/

■Day2

https://stg.antenna-mag.com/column/tsutsumi_taiwan_day2/

■Day3

https://stg.antenna-mag.com/column/tsutsumi_taiwan_day3/

■Day4

https://stg.antenna-mag.com/column/tsutsumi_taiwan_day4/

■Day5

https://stg.antenna-mag.com/column/tsutsumi_taiwan_day5/

■Day6

https://stg.antenna-mag.com/column/tsutsumi_taiwan_day6/

■Day7

https://stg.antenna-mag.com/column/tsutsumi_taiwan_day7/

■Last Day

https://stg.antenna-mag.com/column/tsutsumi_taiwan_last-day/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
都市の文化にふれながらバランスよく生きられる場所が無い!!〈汽水空港〉店主・モリテツヤインタビュー
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
INTERVIEW
【Identify Me vol.01】写真家・金サジ
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
【with your eyes】番外編:Allan Dransfield(アラン・ドランスフィルド)
COLUMN
堤、ウズベキスタンへ行く – 単一の文化ってなんだよ –
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
堤、中国を経由してロシアへ行く – すべての道はアベンジャーズへ通ず – 【…
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 後編
COLUMN
堤、インドへ行く – 写真と音で巡る、北インドローカル旅 – 前編
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
【3×3 DISCS】Siamese Dream – The Smashing Pump…
REVIEW
【3×3 DISCS】MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
【3×3 DISCS】Man Of The Woods – Justin Timberl…
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
堤キューバへ行く - 出入国編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - 食事編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - トリニダー編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - ハバナ編 –
COLUMN
堤キューバへ行く - まとめ –
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
堤SXSWへ行く 番外編
COLUMN
堤SXSWへ行く Day10
COLUMN
堤SXSWへ行く Day9
COLUMN
堤SXSWへ行く Day8
COLUMN
堤SXSWへ行く Day7
COLUMN
堤SXSWへ行く Day6
COLUMN
堤SXSWへ行く Day5
COLUMN
堤SXSWへ行く Day4
COLUMN
堤SXSWへ行く Day3
COLUMN
堤SXSWへ行く Day2
COLUMN
堤SXSWへ行く Day1
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Last Day
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day7
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day6
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day5
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day4
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day2
COLUMN
堤手ぶらで台湾へ行く Day1
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
COLUMN
堤日本へ帰る Day15
COLUMN
堤ヴェニスへ行く Day14
COLUMN
堤バルセロナへ行く Day13
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day12
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day11
COLUMN
堤バレンシアへ行く Day10
COLUMN
堤ジブラルタルを渡る Day9
COLUMN
堤モロッコへ行く Day8
COLUMN
堤モロッコへ行く Day7
COLUMN
堤モロッコへ行く Day6
COLUMN
堤モロッコへ行く Day5
COLUMN
堤モロッコへ行く Day4
COLUMN
堤モロッコへ行く Day3
COLUMN
堤モロッコへ行く Day2
COLUMN
堤モロッコへ行く Day1
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。