EVENT

Doris Hsu写真展『凝視 Gazing – You lead me to see the light』

PHOTOGRAPH 2019.12.30 Written By 肥川 紫乃

2020年1月13日(月・祝)〜1月26日(日)に、台湾・高雄在住の写真家、Doris Hsuの海外初の写真展『凝視 Gazing – You lead me to see the light』が、大阪豊中市のgallery 176で開催される。

 

この展覧会では、2016年から2019年にかけて彼女が撮り続けている同じく台湾・高雄出身のバンド、Elephant Gymを撮影した台湾でのライブ写真や、彼らのライブ以外の日常の様子の写真など約20点が並ぶ。そのほとんどがモノクロフィルムによるもので、Doris自らが暗室に入り現像、プリントを行っている。彼女がフィルムで撮るライブ写真からは躍動感とストーリーが感じられ、まるで映画のシーンのように美しい。1月13日(月・祝)〜15日(水)は作家本人も在廊予定であり、1月13日(月・祝)は15:00からギャラリートークとオープニングパーティーもあるので、ぜひ音楽や写真の話を聞きに行こう。

 

また、1月12日(日)からはElephant Gymの日本初ワンマンツアー『The Rats and The Elephants』が名古屋を皮切りに、大阪では1月15日(水)に梅田Shangri-Laにて開催される。そちらも合わせてチェックしてみよう。

 

https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

作品説明

彼らの音楽で満たされ、そこに光を見つけました。

良いライブとはどんなものだろうか?
人を楽しませることができたら、それは良いライブになると思います。

私は人が自分のベストをつくして楽しんでいるのを見るのが大好きです。
それは人間にとって最高の瞬間だからです。

私にとって、写真はとても大切なものです。
そして音楽も同じように。
私は写真と音楽を一緒に楽しんでいます。

 

Elephant Gymとの出会い

約5年間、台湾のインディーズ音楽をたくさん写真に撮ってきました。2016年、台南で聴いた彼らの「WORK コンサートツアー」のライブで、マス・ロックというジャンルの音楽を初めて知りました。私は彼らの音楽にとても感銘を受けました。彼らの曲を聴くたび、私は飛び跳ねていました。そして、その時のライブで、彼らの音楽に完全に惹かれました。その時から今まで、私は彼らの写真を撮り続けています。

 

フィルムで写真を撮る理由

私は、60年代から80年代までの音楽映画が大好きです。これらの映画は、初期のバンドの躍動感に満ちた映像を観せてくれます。フィルムで写した写真は、それほど鮮明ではなく、ぼやけているものもありますが、かつての音楽映画の様に、そこからは勢いが感じられます。なんて素晴らしい!そして、私はフィルムカメラで撮影し、暗室でそれらを現像、プリントすることを学び始めました。

 

この展覧会について

私と彼らのバンドは一緒に成長しています。私は、今までもコンサートでわくわくしながら撮影しています!この展覧会では、2016年から2019年にかけて台湾で撮影した彼らのライブ写真(デジタルカメラとフィルムカメラで撮影)を展示します。また、彼らのライブ以外の日常の様子の写真も展示します。彼らの日常を垣間見ることができると思います。今回の展示は、私の海外での初めての展覧会です。私の作品からなんらかのパワーを感じていただけたらうれしいです。ぜひ、この展覧会を楽しんでください。

 

Doris Hsu

作家プロフィール

Doris Hsu / DsFilmStudio

1995年生まれ、台湾・高雄市在住
2016年よりフリーランスとして活動中
モノクロフィルムを愛用し、インディー・ミュージックや人物を主に撮影
フリーランスで暗室を運営
音楽バンドの写真家

 

主な音楽バンドの撮影

2016年 “Elephant Gym WORK tour” TCRC bar, 台南
2017年 “Elephant Gym Bridge Auditorium Tour” 高雄
2017年 “Elephant Gym at WakeUp Festival” 嘉義
2017年 “Elephant Gym / we are south festival” Rocks bar, 高雄
2018年 “Elephant Gym X Toconoma 《走在沒說完的話裡》” THE WALL, 台北
2018年 “Elephant Gym at Megaport Festival” 高雄
2019年 “Elephant Gym UNDERWATER World Tour” 高雄正港小劇場, 高雄

 

出版

2017年 “Elephant Gym Bridge Auditorium Tour” ミニ・フォトブック First edition
2017年 1st Oui Oui モノクロ写真 フォトブック

 

その他の活動

2018年 Elephant Gym “Moonset” 商品宣伝写真
2019年 Louis Vuitton / FW Pop-up shop in 台北
2019年 Elephant Gym “The Rats and The Elephants” 宣伝写真

 

SNS

Facebok: Dsfilmstudio
Instagram: dorisfilmstudio

Elephant Gym

Elephant Gym(エレファント・ジム)

 

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

 

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界各国にてリリース&ツアーを実施。2016年8月、1stアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月、アメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、「りんご音楽祭2018」及び「OOPARTS 2018」出演。同年11月、2ndフルアルバム「Underwater」をリリースし、東名阪ジャパンツアー実施、代官山UNITの東京公演はソールドアウトとなる。また、北米公演全6カ所ソールドアウト含む、14カ国約100公演のワールドツアーを実施。2019年11月、Tyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演。それに伴い、北米ウエストコースト8都市を回る「The Blue Tour」を、日本のインストロックバンド・LITEとのツーマンにて実施。2020年1月、半年間のライブ活動休止期間前に、日本でのラストツアーとして初の東名阪ワンマンツアー「The Rats and The Elephants」 を実施。

日時

2020年1月13日(月・祝)〜1月26日(日)

13:00 〜 19:00

 

※1月20日(月)〜23日(木)は休廊日です。
※会期初日と最終日の曜日および休廊日が通常と異なります。

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1

阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

企画

gallery 176 西川善康

HP

Doris Hsu 写真展『凝視 Gazing – You lead me to see the light』

関連イベント

ギャラリートーク+オープニングパーティー
2020年1月13日(月・祝) 15:00〜(予定)

出席者:Doris Hsu

参加費:無料、申し込み不要

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー
INTERVIEW
人の集まりは一瞬の交わりだからこそおもしろい。 うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎インタビュー
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 海外文化を感じるカフェ編–
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【with your eyes】5th shot :倉本あかり
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
【with your eyes】4th shot :田中幹人
INTERVIEW
【with your eyes】3rd shot :津久井珠美
INTERVIEW
【with your eyes】2nd shot :水渡嘉昭
INTERVIEW
【with your eyes】1st shot :桑原雷太
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
COLUMN
しのさん鳥取へ行く
SPOT
バイタルサイン
REPORT
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【後編】
COLUMN
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【前編】
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。