EVENT

いとうせいこうとめぐる都市の身体

ART 2019.12.19 Written By 児玉 泰地

12月22日に、鉄道芸術祭vol.9『都市の身体』のクロージング・プログラム『いとうせいこうとめぐる都市の身体』が行われる。

 

鉄道芸術祭vol.9『都市の身体』は、なにわ橋駅の地下1階コンコースにある<アートエリア B1>にて約2ヶ月間にわたって開催してきた企画展。今日の都市の状況と人々のさまざまなふるまい、そしてその振る舞いを行う人々の身体自体を、ジョンペット・クスウィダナント、小沢裕子、武田晋一の国内外の3組のアーティストが独自の視点で捉え直し作品を展示した。

 

そのクロージング・プログラムとして、いとうせいこうをスペシャルゲストに招き、小沢裕子と武田晋一の3名でのトークを行う。いとうせいこうといえばNHK教育テレビ(今のEテレ)で放送されていた『天才ビットくん』の出演者であり、活字・映像・音楽・舞台など、言葉に関する様々なジャンルで活躍する作家・クリエーターだ。特に音楽活動においては日本でヒップホップカルチャーを広く知らしめた先駆者の一人でもある。

 

「展示会のイベントのゲストにはそぐわないのでは?」と感じる人もいるかもしれない。しかし、展示のテーマである「都市」も「言葉の集積」とは考えられないだろうか?人間は言葉を操れたからこそ、文明を発展させることができた。話し合い、本を残し、知識を伝えることで新しいものを作り出し、また名前がつけられる。そうして発展してきた結果が都市という形になって我々をとりまいている。そう考えれば、長年言葉を扱ってきたいとうせいこうが「都市」をテーマとした作品を見て、作者と語るのは自然な流れだろう。

 

どのような会話が繰り広げられるか、ぜひ聞きにいってみてほしいのだが、残念ながらすでに予約満席となっている。とは言え展示はまだまだ継続中。運良くキャンセル待ちを狙いつつ、ひとりで見て回るのも一興かもしれない。運良くプログラムを見ることができれば、また違う角度展示を楽しめるだろう。

イベント

いとうせいこうとめぐる都市の身体

日時

12月22日(日)15:00-17:00

会場

アートエリア B1

Google map

参加費

1,000円(ワンドリンク付)

定員

80名程度(要事前申込 / 先着順)

ゲスト

いとうせいこう(作家 / クリエイター)

小沢裕子(鉄道芸術祭vol.9 参加アーティスト)

武田晋一(鉄道芸術祭vol.9 参加アーティスト)

カフェマスター

木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

関連イベント情報

「都市の身体 ~外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声~」

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio …
REVIEW
FNCTR – five
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ③大和郡山 編-
REVIEW
谷澤ウッドストック – folknia
SPOT
京都みなみ会館
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ②役者でない 編-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ①靴屋のゴジラ 編-
REVIEW
谷澤ウッドストック – 無料の音楽

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。