EVENT

Elephant Gym 1st One-Man Tour in Japan 2020『The Rats and The Elephants』

MUSIC 2019.12.11 Written By 阿部 仁知

台湾・高雄出身の3人組マスロックバンド、Elephant Gym(エレファント・ジム)が日本では初となる東名阪ワンマンツアーを敢行する。名古屋、東京での公演に続いて、関西では2020年1月15日(水)に大阪・梅田Shangri-La にて開催。

 

昨年、2ndアルバム『Underwater』をリリースし、その後およそ1年間に渡る全14カ国約100公演のワールドツアーを敢行。また2019年には『SXSW 2019』やTyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)主催『Camp Flog Gnaw Carnival』への出演、それに伴い日本のインストゥルメンタルバンド、LITE との北米西海岸ツアーも敢行するなど、国境を越えて精力的にライブ活動を行なっている。日本でもその人気は高く、昨年の『SYNCHRONICITY’18』『りんご音楽祭2018』への出演、ゲストアクトを迎えた11月の東名阪ツアーに続き、今年5月には東京・渋谷WWW X にて WONK との2マン公演を開催した。2020年に半年間の充電期間に入ることを発表し、本ツアーはその前のラストツアーとなる。

 

テクニカルなベースを中心としたインストゥルメンタルのサウンドを基調としながらも、近作では Kento NAGATSUKA(WONK)や YeYe を客演に起用するなど表現の幅を広げている彼ら。最新楽曲“Gaze at Blue”にもあらわれた、そのみずみずしい響きを堪能したい。

 

また Elephant Gym を撮り続けている高雄在住の写真家、Doris Hsu(ドリス・スー)の写真展『凝視 Gazing – You lead me to see the light』も豊中市・gallery 176 にて1月13日(月)から開催。こちらも併せて注目。

日時

2020年1月15日(水)

OPEN 19:00 / START 19:30

会場

梅田Shangri-La

料金

前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,300 (各1ドリンク代別途)

チケット

チケットぴあ

ローソンチケット

e+(イープラス)

お問い合わせ

SMASH WEST:06-6535-5569

WRITER

RECENT POST

REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。