EVENT

北里彰久 & mmm with エマーソン北村 ダブルレコ発ツアー

北里彰久とmmm with エマーソン北村によるダブルレコ発ツアーが今治と尾道の2か所で開催されます。

 

活動名義をAlfred Beach Sandalから本名に切り替え、今年7月にフルアルバム『Tones』をリリースした北里彰久。ガットギターを主体に必要最小限の音数でつくられた同作は、シンプルながらも音の端々にラテン、ブルーズ、カントリーといったさまざまなルーツの影を帯びています。3月のうたのゆくえにも出演した東京のSSW・mmm(ミーマイモー)は、80年代からありとあらゆる音楽シーンで活躍してきた鍵盤奏者・エマーソン北村との共作『Chasing Giants』を11月にリリースしたばかり。それぞれ言い知れぬ温度感を歌に宿し、ミニマムかつ豊かなバックグラウンドを持つ2組です。

 

各公演を開催しているのは、ホホホ座浄土寺店と屋号を共有する今治ホホホ座とホホホ座尾道店コウガメ。今治ホホホ座は日夜様々な公演・展示が行われる自らの貸しスペースで、現在無店舗で活動するホホホ座尾道店コウガメは、尾道の文化発信拠点として欠かせない存在感を持つ香味喫茶ハライソ珈琲で開催します。年の瀬も迫る週末、少し足を伸ばしてまたとない夜をお過ごしください。

日時

20191214日(土)

open 18:30 / start 19:00

場所

今治ホホホ座

愛媛県今治市共栄町1-3-3

GoogleMap

出演

北里彰久 / mmm with エマーソン北村

料金

予約 3,000 / 当日 3,500円(+1ドリンク代別途)

15歳以下無料

予約方法

i.hohoho.za@gmail.com

件名「12/14ライブ予約」、お名前、人数、お電話番号を明記の上お申し込みください。

日時

20191215日(日)

open 18:30 / start 19:00

場所

香味喫茶ハライソ珈琲

広島県尾道市東御所町3-13 2階

GoogleMap

出演

北里彰久 / mmm with エマーソン北村

出店:ホホホ座尾道店コウガメ

料金

予約 3,000 / 当日 3,500円(+1ドリンク代別途)

15歳以下無料

予約方法

kameonomichi@gmail.com(コウガメ)

件名「12/15ライブ予約」、お名前、人数、お電話番号を明記の上お申し込みください。

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
【3×3 DISCS】少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
【3×3 DISCS】Welcome Interstate Managers – Fou…
REVIEW
【3×3 DISCS】Wanderlust – Little Big Town

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。