NEWS

GEAR×ANTENNA コラボキャンペーン開催!SNSでの記事リツイートで、公演チケット500円OFF!

ART 2019.10.20 Written By 乾 和代

2010年よりロングラン公演を続け、観客動員数22万人を突破したノンバーバルパフォーマンス『ギア -GEAR-』(以下、ギア)。2012 年より国内初の「日本オリジナル作品での無期限ロングラン」に挑戦。ついに、10月20日に公演回数3,000回を達成しました。さらなる、ロングラン達成に向けて『ギア』の歩みは止まりません。

 

今回、アンテナでは、『ギア』のプロデューサー 小原啓渡さんに取材を敢行。小原さんの半生や、『ギア』や舞台への想いを詰め込んだ記事を公開しています。きっと、これを読めば、あなたも『ギア』の魅力の秘密に触れることができるはず。

 

【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡

 

記事の公開と、『ギア』の公演回数約3,000回達成を記念したコラボキャンペーンも実施中!記事のリツイートでチケット代が500円OFFになるお得なキャンペーンです。気になっていた方はもちろん、すでに観たことがある方も、記事を読んでより興味が湧いた方も!この機会にぜひ『ギア』へ足を運んでみてはいかがでしょうか。キャンペーン詳細は、下記概要をご確認ください。

キャンペーン期間

2019年9月20日(金)~2019年11月20日(水)

対象

アンテナ公式のTwitter、GEAR公式Twitterにて掲載された『【実は知らないお仕事図鑑P6:『ギア』プロデューサー】/小原啓渡』の投稿をリツイートしてくださったお客様

※対象はアンテナ公式Twitter、GEAR公式Twitterの投稿のみとさせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。

受付方法

ご来場当日、受付カウンターにてリツイート画面をご提示ください。

※前売券をご購入済みのお客さまには、当日、受付にてキャッシュバックいたしますので、ご入場時にお申し出ください。(手数料を除く)。

※サイドエリアを含む、他割引との併用はできませんのでご了承ください。

キャンペーンに関するお問合わせ

『ギア-GEAR-』公演事務局
TEL:0120-937-882(10:00-19:00)  

MAIL:info@gear.ac
GEAR HP:https://www.gear.ac/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
【3×3 DISCS】Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
【3×3 DISCS】The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。