REVIEW
ヘラヘラep / ガタガタep
アフターアワーズ
MUSIC 2019.10.25 Written By 峯 大貴

大阪に連綿と根付くブルース、フォーク、ロックの遺伝子を今に受け継ぐ3人の北摂青年愚連隊は、確実にライブハウスの観客の心をものにしてしまうライブ・バンドへと成長を遂げている。上野エルキュール鉄平(Dr)とタミハル(Gt)が、弾き語りで活動していたショーウエムラ(Vo / Ba)をフロントマンとして誘い込む形で2016年に結成したアフターアワーズ。彼らが登場した衝撃については、結成以前からそれぞれ有志スタッフとして関わっていた野外コンサート・祝春一番に初出演したステージも通して、2017年のデモ音源『2nd demo』発売時に、ki-ftでレビューも掲載した

そこから約2年の活動をまず追っておこう。祝春一番には3年連続出演。今年2019年にはショーウエムラがソロの弾き語りでも出演するなど、本イベントの最若手枠としてポジションを確立している。その一方で心斎橋Pangea、南堀江SOCORE FACTORY、京都nanoを中心に同世代のバンドたちと横並びになってライブ本数を増やし、自らのロックンロールを研ぎ澄ましていくことにも注力。その結果HOLIDAY! RECORDSの主催イベントや、今年に至っては『MINAMI WHEEL 2019』(台風のため中止)や愛はズボーン主催の『アメ村天国2019』などのフェスにもラインナップされ、ライブハウス・シーンの一角として存在感を発揮している。

そんな歩みの中での変化でいえば、2018年に鉄平とタミハルがサポートとして兼務していたポップバンド・YMBを抜けてアフターアワーズに専念をすることを決意。アンテナでもリリース・インタビューを掲載したYMBのアルバム『CITY』(2019年)では内2曲で在籍時の演奏を聴くことができる。中でもラストを飾る“人生は”は、タミハルのワウとカッティングが入り混じるギターリフが骨格を成しつつ、メンバー4人全員で「人生はトントン拍子」とユニゾンする点や、yoshinao miyamoto(Vo / Gt)が「新しいスタイルでさあ今をくぐり抜けようか」と歌うさまは、YMBがこれからそれぞれの道で次のステップへと進んでいく宣言のようにも感じられた。

一方でショーウエムラは、結成当初からショートスケールのベースをサムピックで弾いていくというスタイルだった。それはアコースティックギター弾き語りからのコンバートにより、手に馴染むことを重視していたからだといえる。しかしついに増幅するバンドの熱量と馬力に対応するために、通常のジャズベース・タイプに切り替えるようになったのだ。

 

『2nd demo』以来となる音源となった2作『ヘラヘラep』、『ガタガタep』はいずれも新曲2曲に過去のデモ音源収録の新録verが収められた3曲入り。彼らの掲げる「転んでないのに泥だらけ」のまま駆け抜けたライブ活動の中で磨き上げた楽曲を、フットワーク軽く収めていったという印象を受ける。会場の観客に何度だって「私が、アフターアワーズです」(上岡龍太郎風)と自己紹介していくような2枚だ。

 

2作とも冒頭曲では彼らなりのロックンロールの美学を突き付けている。“ミュージック”ではつんのめったビートに乗せてショーが「僕らの歌は転がっていく」とどんどん言葉をまくし立てていく。相対して、オアシス“Supersonic”を思わせる重苦しさ漂う音像の“キラーチューン”は、最後に「僕らは輝くまで漂ってる」と呟いて幕を閉じる。いずれも志半ばなりの血気盛んな勢いが感じられるが、懸命に自身を鼓舞する憎めなさが背中合わせになっているのが彼ららしさとも言える。そんなしがない愛らしさが前面に出ているミドル・チューンも両作に収録。“凡才ライダー”は「グレート・エスケープ」、「マックイーン」が歌詞に出てくるように映画『大脱走』へのオマージュも垣間見えるものの、描かれるのはそれを観ながらビールを飲んでいるバンドマンの自分なのだ。一方“シャッフル”も哀愁と希望に満ちたショーの歌が冴えるロック・バラード。電車と踏切の環境音が入ったアクセントと「過ぎ去ったなら いちいち色褪せんなよ」の名文句にはグッと心が掴まれる。

そして新録として生まれ変わった“ジョージのテーマ”と“バイバイ”。特に後者はライブでも極めつけに披露されることの多い代表曲だが、冒頭のサビが中盤全く出てこず、ラストに4回連続で繰り返されるという、実に奇妙な構成を持っている。そこに違和感を受けないのは、パートの間に執拗に入るタミハルのソリッドなギターソロと疾走感、そして聴く者の期待を煽ってシンガロングを巻き起こすサビの爆発力によるものだろう。言わばTHE BLUE HEARTS“情熱の薔薇”のサビに通じるカタルシス。合わせて今回の新録では宮腰理によるキーボードが加わっており、THE BLUE HEARTS~THE HIGH-LOWSにおける白井幹夫のような役割を担っているという点も面白い。

 

ハードボイルドにもアンチヒーローにもなれない凡才のロックンロール。それが今ライブハウスから徐々に波紋が広がっている胎動が痛快だ。アフターアワーズ、もっと関西をかき回せ。そして全国に向け、今こそ突き抜けるよーな音楽を。

アフターアワーズ『ヘラヘラep』

 

 

収録曲

1.ミュージック

2.凡才ライダー

3.バイバイ(新録)

 

価格

1,000円(税込)

 

アフターアワーズ『ガタガタep』

 

 

収録曲

1.キラーチューン

2.ジョージのテーマ(新録)

3.シャッフル

 

価格

1,000円(税込)

 

取り扱い店舗

 

【店頭販売】
タワーレコード 梅田マルビル店
関大前TH HALL

 

【ネット販売】
HOLIDAY!RECORDS
SABOTEN MUSIC
THISTIME RECORDS(ドメス)

 

公式HP アフターアワーズ

 

Twitter アフターアワーズ(@_after_hours_3)

 

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。