NEWS

VOU / 棒が移転オープンし、10月1日より記念企画展を開催。初日には公開制作&オープニングパーティーも

ART DESIGN 2019.09.30 Written By 肥川 紫乃

京都を拠点に、店主の川良謙太がセレクトしたアーティストの作品や、オリジナルのグッズを取り扱うショップ兼ギャラリーVOU / 棒が、10月1日(火)に仏光寺通に移転オープンする。その記念企画展として『WELCOME TO VOU BUILDING』と題し、お店の立ち上げ当初から縁のある作家による展示が10月1日(火)~11月24日(日)に開催される。初日には、展示作家の岡村優太、西雄大、NAZE、三重野龍、廣田碧による大壁画の公開制作とオープニングパーティーが行われる。フード出店はカレー屋マッハ軒。ショップには作家の新商品も並ぶ予定だ。

 

元印刷所を改装した3階立ての新店舗は、1階がギャラリー、2階がショップ、そして新たに3階をイベントスペース兼事務所として活用する予定で、以前のショップより大きくなった姿でお披露目となる。さらにアップデートされたVOU / 棒に期待が高まるばかり。初日に駆けつけてみてはいかがでしょうか。

日時

2019年10月1日(火)~11月24(日)13:00 – 19:00

定休日:水・木曜日

会場

VOU / 棒 (移転先 棒ビル)
〒600-8061 京都市下京区筋屋町137
阪急河原町・烏丸駅 連絡通路12番出口から徒歩5分

参加アーティスト

岡村優太 Okamura Yuta
西雄大 Nishi Yudai
NAZE
三重野龍 Mieno Ryu
廣田碧 Hirota Midori

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー
INTERVIEW
人の集まりは一瞬の交わりだからこそおもしろい。 うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎インタビュー
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 海外文化を感じるカフェ編–
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【with your eyes】5th shot :倉本あかり
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
【with your eyes】4th shot :田中幹人
INTERVIEW
【with your eyes】3rd shot :津久井珠美
INTERVIEW
【with your eyes】2nd shot :水渡嘉昭
INTERVIEW
【with your eyes】1st shot :桑原雷太
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
COLUMN
しのさん鳥取へ行く
SPOT
バイタルサイン
REPORT
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【後編】
COLUMN
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【前編】
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。