EVENT

black midi live in japan 2019

MUSIC PR 2019.09.03 Written By 阿部 仁知

右を見ながら左を向くようなサウンド。はじめて聴いた時、そんな言葉が頭をよぎった。名門 Rough Trade からデビューアルバム『Schlagenheim』が発表されると、 King Crimson だ Talking Heads だ、プログレだパンクだハードロックだと、耳の早い音楽ファンから(あるいは Rolling Stone 誌のような批評家筋から)多種多様な形容が飛び交ったことも記憶に新しい。彼らのジャムセッションのようで緻密なスタジオワークのようでもあり、はたまた生音でシームレスに繰り広げられる DJ プレイのようにも感じられるバンドサウンドは、結局のところまったく捉えられない。だが、全員の胸に共通して去来した思いはきっとこれ。「ライブだとどうなるんだ!?」

 

そして、ついにその機会が訪れる。ミステリアスな存在感が噂を呼びいつのまにか爆心地にいる、今最もアツいサウスロンドンの超新星、 black midi (ブラック・ミディ)の初来日公演が、いよいよ今週末に迫ってきた。アメリカの SXSW では最も目立ったアクトとしてその名が挙がり、初のニューヨークでの2公演も完売。 Pitchfork も「不気味なほど正確でストイック」と絶賛する彼らのライブパフォーマンスだが、9月5日(木)の東京 UNIT 公演はすぐさまソールドアウト。9月6日(金)の大阪 CONPASS 公演も完売し、あとは9月7日(土)の京都 CLUB METRO 公演をわずかに残すのみだ。

 

ロックの未来に想いを馳せる関西のミュージックラバー諸君に、はっきりと言っておきたい。この機会だけは絶対に見逃してはいけない。もちろんどういうパフォーマンスになるのかなんてまったく見当もつかない。だが、バンドとはこう、ライブとはそういうもの、そんな各々の固定観念を飛び越えた、衝撃の体験が待っているはずだ。

大阪公演

日時
2019年9月6日(金)
open 19:00 / start 19:30
会場

CONPASS

料金

前売 5,500円(+1ドリンク代別途)ソールドアウト

※オールスタンディング、未就学児童入場不可

京都公演

日時
2019年9月7日(土)
open 17:30 / start 18:00
会場

CLUB METRO

料金

前売 5,500円(+1ドリンク代別途)

※オールスタンディング、未就学児童入場不可

予約

イープラス
ローソン(L: 52912) 
ぴあ(P: 154-620)

You May Also Like

WRITER

RECENT POST

REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。