EVENT

第二回芦見谷芸術の森フェスティバル

2019年8月24日(土)に、大自然の中で舞台芸術を楽しむことができる『第二回芦見谷芸術の森フェスティバル』が開催されます。

 

京都市内でありながら、天然記念物のオオサンショウウオが生息する清流もある、圧倒的な大自然の芦見谷芸術の森。電波の届かない静寂の中で、川遊びや森林浴で自然に触れる一日に。そんな中、野外ステージで上演される一人芝居ミュージカルや朗読芝居などのパフォーミングアートは、心も身体もリラックスした状態で多くのものを受け取ることができそうです。

 

また、週末は全国からキャンパーが集うこの場所では予約制で本格的なキャンプを楽しめます。京都から車で40分の京北で、日常の情報から離れて自然と芸術と向き合う特別な週末にしませんか。

日時

2019年8月24日(土)

開演:11:00~16:00、17:00~後夜祭

19:00終了後バス停まで無料送迎

会場

芦見谷芸術の森

京都市右京区京北細野町芦見奥13-1

料金

大人:¥1,500(当日¥2,000)

中高生:¥1,000(当日¥1,500)

小学生:¥500

未就学児童無料

出演者と演目

・福間むつ美(元宝塚歌劇団)(東京) 一人芝居ミュージカル
・河田全休・山口吉右衛門(京都) サラリーマン狂言
・知野三加子(劇団 SWAT)(東京) 一人芝居
・児玉泰地(役者でない)(京都) 一人芝居
・劇団とかげのつばさ(京都)森でシェイクスピア(演劇)
・須川弥香(おででこ主宰)(京都) アクティブ朗読

お問い合わせ

芦見谷芸術の森フェスティバル

児玉泰地(こだま たいち)
MAIL:ashimidanifestival@gmail.com TEL:090-6243-7597

チケット予約

https://www.quartet-online.net/ticket/ashifes2019

HP

http://odedeko-kyoto.blogo.jp/archives/1075231821.html

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー
INTERVIEW
人の集まりは一瞬の交わりだからこそおもしろい。 うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎インタビュー
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 海外文化を感じるカフェ編–
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【with your eyes】5th shot :倉本あかり
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
【with your eyes】4th shot :田中幹人
INTERVIEW
【with your eyes】3rd shot :津久井珠美
INTERVIEW
【with your eyes】2nd shot :水渡嘉昭
INTERVIEW
【with your eyes】1st shot :桑原雷太
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
COLUMN
しのさん鳥取へ行く
SPOT
バイタルサイン
REPORT
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【後編】
COLUMN
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【前編】
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。