REVIEW
意図はない
THE HillAndon
MUSIC 2019.08.12 Written By 峯 大貴

今年に入りジャック・ホワイトが久々にザ・ラカンターズを始動させ、約11年ぶりのアルバム『Help Us Stranger』は全米1位を獲得。時同じくしてザ・ブラック・キーズも5年ぶりに『Let’s Rock』をリリース。この時、久々の制作に際してダン・オーバックは「何も意図せずやってみたかった」と発言している。カントリー、ブルースの血が流れているのは言わずもがなであるこの世界的バンド2組のシンプルでヴィンテージな仕上がりには、ロックの復権などといった野心的要素は感じられない。時代の流れを放り投げ、ただ自身の帰る場所に戻ってしこたまに好きな音楽を楽しんでいる無邪気さがある。

 

2010年より京都を中心に活動している4人組バンドTHE HillAndon『意図はない』に溢れるルーツに対する率直さと無邪気さは、同時期にリリースされたこの2作とも規模感は違えど通じているだろう。ライヴでは揃いのオーバーオールで登場し、カントリーとブルースへの憧れと愛を惜しげもなく表した、いなたいサウンドがムワっと放たれる。本作は3作目となるアルバムだが、横地祐知(Dr)加入後の現体制では初音源。並びに初全国流通作品となる。

彼らのサウンドに多大な影響を与えているのはバンド名にも冠しているヒル・カントリー・ブルース。ミシシッピ州北部でローカルに根付いてきたが、90年代半ばにジョン・スペンサーやイギー・ポップらのフックアップもありカントリーやブルース、ソウルファン以外からも注目が集まったシーンだ。本作に収録されている日本語へと訳されたカントリー・カバー2曲からしてリスペクトに溢れている。M6“Poor Black Mattie”はヒル・カントリーの代表的ブルースマン、R.L.バーンサイドの楽曲。1つのギター・フレーズを反復しながら展開させていくという特徴的なスタイルをもっちゃりとした雰囲気を醸しつつガレージ・ロックのサウンドに落とし込んでいる。ジョニー・ラッセルのM3“Catfish John”はグレイトフル・デッドアリソン・クラウス、ニッティ・グリティ・ダート・バンドなど数々のアーティストが演奏してきたブルーグラスのスタンダード・ナンバーだ。それを彼らは日本のロック・バンドのサウンドとして雄大なコーラス部分の合間にワンドロップ・ビートを挟み、緩急のついた仕上がりにしている点が面白い。そして本作の最後を飾るオリジナル曲M7“Delta Moon”もデルタ・ブルースやロックンロールの起源となった場所、ミシシッピ・デルタに想いを馳せたスロー・バラード。楠木達郎(Gt)による乾ききったリゾネーター・ギターのスライド奏法と、前後に入る虫の音の風情がミシシッピと日本を鮮やかに接合させている。

また彼らには70年代から根付く関西ブルースの遺伝子も色濃く感じるのだ。冒頭M1“君がいただけなのさ”はアコギのフレーズからのっそりと幕を開ける。そこだけで漂ってくる、ゆるく濃厚な空気には、上田正樹と有山淳司の『ぼちぼちいこか』(1975年)の“大阪へ出て来てから”の幕開け部分を彷彿とした。そして何といっても彼らの音楽を象徴づけるのは三木康次郎(Vo)の声だろう。そのしゃがれたダミ声にはやはり木村充揮(憂歌団)を思い起こさせるが、有馬和樹(おとぎ話)のような屈託のない人懐っこさものぞかせる。一方でオーティス・レディングやO.V.ライトのようなソウル・フィーリングも持ち合わせシャウトで魅せることもできる歌の存在感こそが、ルーツ・ミュージックに正直なサウンドであれど、しっかり現代に更新された新鮮さがあるのだ。

表題曲M2“意図はない”は「音楽が好きであることに意図はない」と率直な愛を歌ったミディアム・ナンバー。言い替えれば「音楽があり続けるなら、あとはどんなことも<厭わない>」とのダブルミーニングを込めた熱い思いも感じられる。ドでかいバンド・ドリームを達成したいというような意図はない。とはいえ関西のブルースを先頭切って今に引き継ごうという意図もない。こんな飄々としたいい塩梅を醸す本作は、一方でルーツ・ミュージックに対して中毒的にのめり込んでしまったことに対して堂々を胸を張った言い訳のようにも聴こえてくる。意図せぬままにブルースの悪魔に魂売って、カントリーの魔力に依存症。

プロフィール

 

 

2010年京都で結成。 アメリカンルーツミュージックを敬愛し、ヒルカントリー、デルタブルースを基調としている。

2017年メンバーチェンジにより横地祐知(Dr)が加入し現在の形となる。現在までに踊ってばかりの国、おとぎ話、QUNCHO、リクオ、マダムギター長見順&岡地曙裕、ギターパンダ山川のりを、WCカラス、濱口裕自、フジタユウスケ、高木まひことシェキナベイベーズ等、名だたるミュージシャンとの共演を実現。

2018年より高木まひこ(高木まひことシェキナベイベーズ)と三木康次郎による共同企画“Night Rider’s Club”を開催し、2019年5月ゲストとしてウルフルケイスケとの共演を果たす。また同年6月、京都磔磔にておとぎ話との2マンライブを開催し、さらに活動を広げる。

現在に至るまでに、『Way Down South Drive』『Sweet Confusion』の2枚のフルアルバムを発売しており、おとぎ話との2マンライブより3rdアルバムとなる『意図はない』を発売開始する。

 

公式サイト:THE HillAndon official website

 

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。