EVENT

1983『渚にきこえて』リリースツアー

東京の6人組都市型ポップ集団・1983(イチキュウハチサン)が、3rdアルバム『渚にきこえて(Passes on the Other Ocean)』のリリース記念ツアーを回ります。関西は9月7日の神戸・グッゲンハイム邸と、翌日8日の京都・UrBANGUILDの2公演です。
 
その名の通り1983年生まれのベーシスト・新間功人(Ba / Vo)を中心に結成された1983。蓮沼執太フィルや柴田聡子inFIREに参加するイトケン(Dr)、森は生きているの元メンバーにしてトクマルシューゴや岡田拓郎など数々のミュージシャンの演奏を支える谷口雄(Pf / Organ)、折坂悠太の最新EP『抱擁』にも参加した高橋三太 (Trumpet)と松村拓海 (Flute)……と、錚々たる面々と活動してきた精鋭たちによるポップ・バンドです。約3年ぶりの新作アルバム『渚にきこえて(Passes on the Other Ocean)』は、80年代ポップスへのリスペクトが際立つ洗練されたアンサンブルと、新間の暖かく人懐こいヴォーカルとが同居する快作。本リリースツアーもきっと、秋の始まりにぴったりの演奏会となることでしょう。神戸公演には鳥取と京都に店舗を構えるカレー店asipaiが出店、京都公演では姫路拠点のアシッドフォークの至宝・ゑでぃまぁこんが共演します。
日時
2019年9月7日(土)
open 19:30 / start 20:00
会場

旧グッゲンハイム邸

出演
…新間功人(Ba / Vo)、関信洋 (Gt / Vo)、谷口雄 (Pf / Organ)、高橋三太 (Trumpet)、松村拓海 (Flute)、イトケン (Dr)
 
出店:asipai(鳥取のカレー屋さん)
料金

前売 2,800円 / 当日 3,300円(ドリンク代別途)

予約・問合せ
cowandmouse489@gmail.com / 080-3136-2673 (カウアンドマウス)
※件名に[1983 神戸公演]と明記の上、お名前(フルネーム)・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メールアドレスにお申し込み下さい。確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。
共催

塩屋音楽会

企画制作

Cow and Mouse

詳細

1983ツアー特設サイト

日時
2019年9月8日(日)
open 18:30 / start 19:00
会場

木屋町UrBANGUILD

出演
1983
ゑでぃまぁこん
料金

前売 2,800円 / 当日 3,300円(ドリンク代別途)

予約・問合せ

cowandmouse489@gmail.com / 080-3136-2673(カウアンドマウス)
※件名に[1983 京都公演]と明記の上、お名前(フルネーム)・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メールアドレスにお申し込み下さい。確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。

企画制作

Cow and Mouse

詳細

1983ツアー特設サイト

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
【3×3 DISCS】少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
【3×3 DISCS】Welcome Interstate Managers – Fou…
REVIEW
【3×3 DISCS】Wanderlust – Little Big Town

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。