REPORT

Longvision@二条nano「nano12周年月間 Encore Edition」2016.04.09

MUSIC 2016.05.13 Written By 森下 優月

Longvisionとはいったい何者なのか?3月から続いてきたnano12周年月間ライブの最終日を締めくくるべく「呼びたかったけど呼べなかったバンドたち」を集めたのがこの『Encore Edition』。そこでAmia Calva、チプルソ、SuiseiNoboAzに先駆けオープニングアクトを務めたのが彼らであった。

 

「東京から来ました、Longvisionというバンドです。今日はよろしくお願いします。」そう言うなりインストの”TID#1”が始まり、たちまち会場が轟音に包まれる。そのままの熱量でぐいぐいと引っ張り、心地よい縦ノリのビートとともに”dead 1987”に突入。「Longvision」なんてバンド名からしてニヤリとさせられるが、「1987」というワードもこの年に結成されたFugaziを想起させる。4曲目”pool”は、約2分間の間奏でVo./Gt.新間がギターをアンプに突き刺すようにして掻き鳴らすシーンが印象的だった。一番手とは思えないほど、フロアとの距離を全く感じさせない熱量で会場を呑み込んだあと「この後のバンドもぶちかましてくれるんで楽しみましょう!」と言い残し、颯爽と帰っていった。

彼らはまだ結成5ヶ月の新生バンドである。しかしそうとは思えないほど信頼関係がひしひしと伝わってくるのは、かつて全く同じメンバーで「kaiware」というバンドとして京都を拠点にライブを行っていた経歴があるからだろう。しかしただ名前を変えただけという訳ではなく、Longvisionとして新しい音楽を一から始める気持ちでこのバンドを結成したと新間は話す。結果、演奏面では息の合った部分を見せつつも、新しい曲達を引っ提げて観客にぐいぐい切り込んでいく気概を感じるライブとなっていた。

この日の演奏はMusic Videoとして視聴することができる。Longvisionに興味を持った人はもちろん、ポスト・ハードコア等が好きな人は一見の価値ありだ。画面越しでも彼らのステージの魅力は十分伝わるはずである。

Longvision

 

東京で活動中のポスト・ハードコア / オルタナティブロックバンド。同メンバーで活動していた京都のバンド「kaiware」を休止後、昨年12月頃よりライブを開始する。ギターボーカル、ベース、ドラムのスリーピース編成で骨太なサウンドを奏でる。

 

音源: soundcloud.com/longvision

WRITER

RECENT POST

SPOT
UrBANGUILD
SPOT
ウサギノネドコ
ART
SPOT
KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
ART
SPOT
petit à petit
REPORT
【森下優月の見たボロフェスタ2016 / Day2】天才バンド / 忘れらんねえよ / Have a…
SPOT
東北酒肴EAGLE
REPORT
【森下優月の見たボロフェスタ2016 / Day1】TheSpringSummer / bed / …
SPOT
Modern Times
SPOT
エンゲルスガール

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。