EVENT

GUIRO「中二階TOUR」神戸公演・大阪公演

ceroのサポートで知られる厚海義朗(Ba)、小鳥美術館での活動も行う牧野容也(Gt)、そしてフロントマン髙倉一修(Vo)の3人からなるGUIRO。髙倉のクールで中性的な歌唱、洒脱さと毒気の入り混じるアンサンブルで名古屋の至宝と呼ばれながらも、2009年以降長らく活動休止に入っていたポップ・バンドです。2016年頃からライブを中心に少しずつ動き出していた彼らが、このたび待望の新作5曲入りアルバム『A MEZZANINE (あ・めっざにね) 』をリリースしました。全国流通が始まる7月10日に先駆け、先日6月2日より大阪中津・ハワイレコードなど一部の店舗で先行発売されています。

 

彼らにとって久方ぶりのリリースツアーは、東名阪に旧グッゲンハイム邸での神戸公演を加えた4公演。6月26日の神戸公演は3月に新作『ナイトレイン』をリリースした男女ユニット・yojikとwandaとのWレコ発、翌日27日の大阪公演はワンマンライブです。

 

厚海とともにceroに参加する光永渉をはじめ、イトケン(蓮沼執太フィル 他)、元山ツトム(ゑでぃまぁこん)、あだち麗三郎など、どちらのサポートメンバーも挙げていくとキリがないほど豪華。さらに、休止前より長らくGUIROを追ってきた音楽ライター・松永良平が両日のDJとして参加しています。もちろん物販で新譜も購入できるとのこと。ぜひ両日ともお見逃しなく。

日時

2019年6月26日(水)
open 19:00 / start 19:30

会場

旧グッゲンハイム邸

出演

yojikとwanda
…yojik(Vo)wanda(Gt / Vo)itoken(Dr)服部将典(Ba)元山ツトム(Steel Gt)
GUIRO
…髙倉一修(Vo)厚海義朗(Ba)牧野容也(Gt)西尾 賢(Pf)光永 渉(Dr)亀田暁彦(Key)あだち麗三郎(Sax / Perc)

 

[DJ]松永良平
[出店]ワンダカレー

料金

予約 3,000円 当日 3,500円

予約・詳細

06/26 (水) yojikとwandaとGUIRO Wレコ発ライブ « 旧グッゲンハイム邸

主催

yojikとwanda、GUIRO

共催

塩屋音楽会

日時

2019年6月27日(木)
open 19:00 / start 20:00

場所

梅田Shangri-La

出演

GUIRO

[DJ]松永良平

料金

予約 3,000円 当日 3,500円

前売チケット

PassMarket中津・ハワイレコード、Shangri-La店頭にて取扱いあり。

 

※当日のご入場は、
①ハワイレコード•シャングリラでの店頭販売チケットの整理番号

②PassMarketの整理番号

の順番となります。ご了承下さい。

当日券が出る場合、前売りご購入の方のご入場が終わってからのご入場となります。
問合せ先

eight label

(guiroeight@gmail.com)

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
【3×3 DISCS】少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
【3×3 DISCS】Welcome Interstate Managers – Fou…
REVIEW
【3×3 DISCS】Wanderlust – Little Big Town

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。