EVENT

Rainbow’s End 2019

KYOTO MUSE 主催の野外アコースティックフェスRainbow’s End 2019が2019年5月18日に開催される。欧米のことわざで「夢がかなうところ」という意味を持つこのフェスは、祇園枝垂桜で有名な円山公園内の円山公園音楽堂で2013年からスタート。6回目の開催となる今年はLOSTAGEの五味岳久、LOVE LOVE LOVEといったRainbow’s Endではお馴染みの顔ぶれからRickie-G、奇妙礼太郎といった野外フェスでは安定のパフォーマンスを繰り広げる強者達。そしてRITTOやKINGKURTISFLY等のクラブ、ヒップホップの面々まで取り揃え、今年も目が離せられないラインナップになっている。

またアコースティックフェスということもあり、普段ライヴハウスでは観れない特別編成で出演するアーティストが多いのも、このフェスの特徴である。今回だと、昨年自身初の武道館公演を果たしたミクスチャー・ロックバンドROTTENGRAFFTY のN∀OKI や長崎発のメロディック・ハードコア・バンドSHANKがアコースティックセットに初挑戦する。また先日、日比谷野外音楽堂でのワンマンライブを行ったHump Backの林萌々子(Vo. / Gt.)が登場するなど、この日だけの特別感あふれる1日になるはずだ。

 

同イベントは音楽ライヴだけでなく、京都の飲食店の出店やライブペイント、Tシャツプリントや薪割りのワークショップも体験できる。また授乳室やベビーカーを置くスペースなども完備されており、ライヴキッズから家族連れまで、様々なお客さんが楽しめるフェスとなっている。京都の春の風物詩としてといっても過言ではないRainbow’s End 。この機会にあなたも是非、足を運んでみてはいかがだろうか。

日時

2019年5月18日(土) open 10:30 / start 11:00
〈雨天決行〉※荒天の場合は中止

会場

京都 円山公園音楽堂

チケット

前売券 ¥3,900
当日券 ¥4,500
※ご入場の際、別途1ドリンク代600円をいただきます。
※小学生以下入場無料(要保護者同伴)

出演者

【LIVE】

Rickie-G / 五味岳久(from LOSTAGE) / N∀OKI (from ROTTENGRAFFTY)  / SHANK (Acoustic set)/ 林 萌々子(from Hump Back) / 奇妙礼太郎 / RITTO / KING KURTIS FLY / 山岸 竜之介 / Sawa Angstrom / LOVE LOVE LOVE / ドクター長谷川ショウ

 

【LIVE PAINTING】

MIZPAM / 中 LA (ATTACK THA MOON) / MOYA / simo

 

【PERFORMANCE】

大阪籠球会

 

【FOOD】

元祖大四畳半大酒場ポン / café and bar Cham / 立ち呑みトレセン / CURRY & BAR 240 / マッチ食堂

 

【SPORTS ACTIVITY】

京都スラックラインクラブ

 

【WORK SHOP】

nagomi-Studio(Tシャツプリント体験販売) / やまから屋(薪割り体験)

 

【MC】

土龍 (Live House nano / ボロフェスタ) 

 

【SHOP】

LOUDOG / CAPITAL RADIO ONE / Aroma Treatment Fortune / 株式会社 山武扇舗 / 株式会社 神戸数珠店 / 光合成 / 喜多酒造 株式会社 / THE SOUVENIR STORE

主催

KYOTO MUSE

後援

α-STATION

WRITER

RECENT POST

SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
【3×3 DISCS】Easycome – お天気でした
REVIEW
【3×3 DISCS】相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
【3×3 DISCS】CAMERA TALK – FLIPPER’S GUI…
REVIEW
【3×3 DISCS】Guppy – Charly Bliss
REVIEW
【3×3 DISCS】Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gi…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。