NEWS

京都のバンドbrowned butterが2nd EP 『toothpaste』の配信をスタート

MUSIC PR 2019.04.30 Written By 乾 和代

京都の現役大学生naoko yutani(Vo / Gt)、tomoyuki watanabe (Vo / Gt)、yuma sugizaki (Ba)、keita kishimoto (Dr)による男女ツインボーカルの4人組バンドbrowned butter。彼らが4月13日に、2作目となるEP『toothpaste』を自主レーベルsmooth recordsから配信リリースした。今回ミックスとマスタリングを手がけたのは、music studio SIMPOの小泉大輔である。

 

エフェクトの効いたギターリフ、疾走感のあるビートにのって軽やかにyutaniがメインボーカルをとる“toothpaste”、対照的にメロウで影のあるwatanabeが歌うゆるやかなロックナンバー“left behind”、ベースのメロディを軸にメインボーカルが入れ替わる“hoax”のような前作『Fall』にはないアプローチもある。前作よりも音楽の振り幅も大きく、彼ら自身も「シューゲイズやグランジ/オルタナ要素を前作より大幅に取り入れ、期待以上の仕上がりになった」と述べており、全5曲ではあるが聴きごたえのある作品となっている。

配信リリース後は、意欲的にライヴ活動を行なっている彼ら。5月6日(月)には、京都GROWLYにて、the Mcfaddin主催企画のオープニング・アクトとして出演が予定されている。ぜひ、ライヴでもこの心地よく歪んでいく音の波に身をゆだねてみてほしい。

収録曲

1. POG 

2. toothpaste

3. left behind

4. hoax

5. megatherium

配信開始日

2019年4月13日

配信サイト

Bandcamp
iTunes
Apple Music
Spotify

日時

2019年5月6日(月・祝)

open 18:00/start 18:30

場所

京都GROWLY

料金

前売り 2,500円 / 当日 2,800円

ドリンク代無料 (free drink fee)

出演

(opening act)browned butter

the McFaddin

ranvenknee

gato

チケット予約

京都GROWLY

You May Also Like

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
【3×3 DISCS】Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
【3×3 DISCS】The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。