EVENT

祝春一番2019

まだ〈音楽フェス〉という言葉すら日本になかった1971年。映画『ウッドストック』に刺激を受け、福岡風太らが大阪で始めた大規模野外コンサートの元祖、『祝春一番』が今年も5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝)の3日間に渡って豊中市・服部緑地野外音楽堂にて開催される。79年を最後に一旦幕を閉じるも95年から再開し、今年で通算34回目。

 

ロック・フォーク・ジャズ・諸芸と何でもアリ、主催者・福岡風太は50年近く、時流に目配せすることなく、ただ最高の音楽が流れる環境を作り続けてきた。演者もそんな気概に応え1年の中でベスト・パフォーマンスをぶつけ、この日のために集まってくる有志スタッフが準備から当日の会場を運営し、また1年間楽しみにしていたお客さんが全国から集まってくる。

 

11時の開場と共にトップバッターのステージが始まるため、慣れているお客さんは開場数時間前から列をなし、最前の席ではなく後ろの芝生席にブルーシートを敷いて酒を飲みながらステージを楽しむ。出番が終わった演者もビール飲みながら会場をフラフラ、あちらこちらで旧友再会フォーエバーヤング。そして日が沈みきる前には終演し、観客は感想言いながら大阪の街にそれぞれまた飲み直しに消える…。単なるフェス興行じゃなく、関わる人全ての想いが集まってくる場所なのである。

 

出演者は大塚まさじ、中川五郎、友部正人、松田ari幸一、いとうたかお、金子マリ、宮里ひろし、有山じゅんじ、木村充揮ら、70年代から出演し続けているベテラン勢はもちろんだが、今年初出演となる大阪の4人組はいからはくち、またショーウエムラ(アフターアワーズ)、阪井誠一郎(ROBOW)がバンドに加えて今年はソロでも出演。伝統あるイベントの中で新鮮なトピックが混ざり合う瞬間も祝春一番の魅力であり、見逃せないところだろう。

 

ちなみに筆者・峯大貴は会場スタッフとして3日間参加。一緒に春一番を楽しみましょう。服部緑地野音でお待ちしております。

日時

2019年5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝) open / start 11:00

場所

服部緑地野外音楽堂

出演

【5月3日(金・祝)】

AZUMI(vo.g.)
押尾コータロー(g.)
 清水興(b.)
ぐぶつ
 しょうじ(vo.g.) 山崎元治(g.cho.) 青栁林(b.cho.)
 太田貴文(d.) イカ松(per.) 宗根茂(per.cho.)
阪井誠一郎(vo.g.)
 藤縄てつや(g.)
渋谷毅(pf.)オーケストラ
 松風鉱一(as.bs.fl.) 峰厚介(ts.) 津上研太(ss.as.)
 林栄一(as.) 松本治(tb.) 石渡明廣(g.) 上村勝正(b.) 外山明(d.)
ショーウエムラ(vo.g.)
豊田勇造(vo.g.)
 仲豊夫(g.)
ナオユキ(スタンダップコメディ)
NIMA(dance)
平田達彦(vo.g.)
 柿木一宏(g.)
夕凪
 伊藤せい子(vo.) 山崎保(g.) 石井路翁(b.) 山川ちかこ(pf.) 藤山ヤモリ朋哉(d.) 藤井寿光(d.)
良元優作(vo.g.)
ROBOW
 阪井誠一郎(vo.g.) 塚本キッチュ琢磨(d.) チェリー森田(pf.) 橋本よしたか(wb.)

 

【5月4日(土・祝)】

アフターアワーズ
 ショーウエムラ(vo.b.) タミハル(vo.g.) 上野エルキュール鉄平(vo.d.)
いとうたかお(vo.g.)with宮島哉行(vn.)
大塚まさじ(vo.g.)
 長田TACO和承(slide guitar)
小谷美紗子(vo.pf.)
木村充揮(vo.g.)
キング堀内(vo.g.)とFATS&GRASSES
 カオリーニョ藤原(g.) 岩田晶(b.) 藤井マサユキ(d.) 村地博(sax.) 井山アキノリ(pf.)
光玄(vo.g.)
 大石マサル(g.) ロバ(per.)
DEEPCOUNT
 桑原延享(vo.tp.) SUGURU(g.) ALI(b.)  福島紀明(d.)
友部正人(vo.g.)
松永希(vo.)
 今井忍(g.) ロケット・マツ(pf.) アンドウケンジロウ(Cl,sax)
ヤスムロコウイチ(vo.g.)
リトルキヨシ(vo.g.)
 宮下広輔(steel guitar)

 

【5月5日(日・祝)】

アチャコ(vo.)&フレンズ
 ベーカー土居(d.) 坪ヤン(b.) マサヤン(g.) ダンチョ(harp.) ミキ(cho.) タンバ(per.) ホカチャン(sax.)
有山じゅんじ(vo.g.)
 正木五朗(d.) 清水興(b.)
蠣崎未来(vo.g.)
金子マリ(vo.)  presents 5th element will
 北京一(vo.) 大西真(b.) 石井為人(key.) 松本照夫(d.) 窪田晴男(g.) 森園勝敏(g.)
金 佑龍(vo.g.)
gnkosaiBAND
 gnkosai(d.poet.) 足立PANIC壮一郎(g.cho.) Vi-Ta(key.cho.) オカザキエミ(syn.cho.) 
中川五郎(vo.g.)withうたものシスターズ
 多田葉子(sax,Cl.) 熊坂路得子(acco.)
はいからはくち
 片山祥希(vo.) 久森楓也(g.) 水野絢太(d.) 南辻凌(b.)
松田ari幸一(vo.harp.)
 古橋一晃(g.) 宇戸俊秀(pf.) おおやまけんじ(b.)
三宅伸治(vo.g.) & the spoonful
 高橋“Jr.”知治(b.) kotez(harp.) 茜(d.)
宮里ひろし(vo.g.)
 仲豊夫(g.) 杉本Q仁美(fid.harp.) 腹鼓ポンタ(per.)

料金

前売 3日間通し券 9,000円 / 1日券 3,500円
当日 4,100円

 

全席自由
※雨天決行・荒天中止
※小学生以下無料

 

■チケットぴあ [Pコード予約] 0570-02-9999 Pコード:143-816
■ローソンチケット [Lコード予約] 0570-084-005 Lコード:52489
■CNプレイガイド 0570-08-9999
■イープラス
■モバイルサイトGREENS!チケット
●セブンチケット

 

その他 関西有名不良水商売店でもチケット販売中
詳しくは祝春一番2019 HPをご確認ください。

お問い合わせ

春一番オフィス 06-6364-1591 (16:00~20:00)
GREENS 06-6882-1224(平日11:00〜19:00)

HP

祝春一番2019 ホームページ

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。