REVIEW
まっくらくらね、とってもきれいね。
花柄ランタン
MUSIC 2019.03.27 Written By マーガレット 安井

花柄ランタンをはじめてライヴを観たのは、いまから3年前。ステージに上がった、ギターを1本持った男の子と可愛らしい女の子。見た目から、ハンバート・ハンバートやラッキーオールドサンといった「こじんまりとしながらも、微笑ましい音楽を奏でる男女デュオではないか」と思った。しかしライヴが始まるとまるでミュージカル・スターかと思わせる、ぷきの力強く華やかな歌声。そしてそれをしっかり支える、村上真平のギターとコーラス。時折、鍵盤ハーモニカや波の効果音を作り出す道具など、さまざまなアイテムも飛び出してきて、今までの男女デュオには無かった「おもちゃ箱をひっくりかえたような感覚」を覚えて大変感動した。

 

後にインタビューで村上が「頭の中の音楽イメージを最小限で簡潔に伝える手段として花柄ランタンがあり、弾き語りの枠には入れてほしくない」といった趣旨を語っており、その弾き語りの枠から飛びだす思想こそ、おもちゃ箱をひっくりかえたような賑やかなライヴや音楽づくりに繋がっているように感じる。しかし前作の4thアルバム『まともな愛のま、まほうの愛のま。』で花柄ランタンは自分たちのやり方やスタイルに変化を求めた。例えば手売りであったアルバムを全国流通したり、2人編成の楽曲から“キャラバン”や“やわらかパンクス”のようなバンド編成の楽曲や、楽器すら使用せずに都会の環境音をバックに歌う“ナイトフライト”のようなナンバーがあったり、今までにはないヴァリエーションで間口を広げたポップな方向にスタイルチェンジした。

それは以前ライヴMCで「本当はアルバム買ってくれる人の顔と名前を一致させたい気持ちはあるが、僕らも一歩前に進みたいと思い全国流通にした」と語っていた村上の発言からも意図的にスタイルチェンジをしたことは明らかであろう。そして5枚目のアルバムとなる本作『まっくらくらね、とってもきれいね。』では、更なる変化を求める作品となっている。

 

花柄ランタンは基本的に、楽曲作りは村上真平1人で行っているが、本作に収録されている“JABO”ではぷきが、“それでイン・da・湯”は花柄ランタン名義の共作。そして去年の2月に京都にあるサウナの梅湯で開催されたnidone.worksと花柄ランタンとの音楽劇『おやすみランタン!』のテーマ曲として作られた“タイムマシーン”は、nidone.worksの渡辺たくみとの共作であったりと、本作は村上主導の楽曲制作から、変化を求めている。また“がんばれ紅組まけるな白組”では『Crooked Rain,Crooked Rain』以降のペイヴメントに通じるような、ポップで音数が少ないオルタナティブ・サウンドが展開されたり、“POOL,BLUE,POOL.ではぷき、村上真平、それぞれにラップ的に歌っている部分があったり、と今までのアルバムではやってこなかった様々な音楽へ挑戦している。

このように変化点だけを挙げるとこのアルバムが「色んなことに挑戦して、ごった煮感が強まった作品」だと印象を強めてしまうかもしれない。しかし、花柄ランタンというデュオは、そもそも男女2人で弾き語りの枠組みに囚われない曲作りに挑戦していたこと。2ndアルバム『またねっきり来ん、あの春の日よ。』では空想の街である「永遠の森町」での出来事を描き、コンセプチュアルな作品作りに挑戦していたこと。そこから考えると「いまだから変わろう」としているのではなく、昔から「常に変わろうとしている」デュオではないか、ということに気がつく。その変化は常に「他者から見ての面白さ」を追求しているからであり、そういう意味ではポップに寄り添うデュオだと言ってもいいだろう。今年、花柄ランタンは拠点を京都から東京へ移したのだが、それも固執をせず変わり続けるからこそできる決断ではないだろうか。花柄ランタンはこれからもポップであり続けるために変化していく。

WRITER

RECENT POST

SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
【3×3 DISCS】Easycome – お天気でした
REVIEW
【3×3 DISCS】相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
【3×3 DISCS】CAMERA TALK – FLIPPER’S GUI…
REVIEW
【3×3 DISCS】Guppy – Charly Bliss
REVIEW
【3×3 DISCS】Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gi…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。