REVIEW
materia=material
ペペッターズ
MUSIC 2019.03.18 Written By マーガレット 安井

ペペッターズは神戸出身のバンドであり、2011年より活動をスタート。2015年には日本最大のチャリティーロックフェス『COMIN’KOBE』の公開ライヴ・オーディションにてグランプリ、同年の『RO69JACK 2015』でも入賞。また2018年にはチャットモンチーのトリビュートアルバムへの参加オーディションで最優秀賞を受賞し、カヴァーした楽曲“こころとあたま”が『CHATMONCHY Tribute ~My CHATMONCHY~』に収録されたのは記憶に新しいところ。そんな彼らの初フル・アルバム『materia=material』は日本のポストロックを語る上で、大変面白い作品である。

日本のポストロックはエモやマスロックと密接的な関係があり、例えばデビュー当初のZAZENBOYS、LITEなどに代表される、エモーショナルなサウンド、多彩な変拍子、鋭角的なギター・リフは日本流のポストロックの特徴だといえる。しかし個人的な史観として、2008年のZAZEN BOYS『ZAZEN BOYS4』は変則的なリズムやリフの鋭角さはそのままにしながら、エモーショナルを排し、エレクトロニックとフュージョンをミクスチャーしたサウンドで、日本のポストロックの流れを変えたように感じる。そして、それに呼応するかの如く、東京事変の浮雲こと長岡亮介はペトロ―ルズで、ZAZEN BOYSの流れを汲みつつも音数を少なくし、R&Bを強めたサウンドを展開した。そしてZAZEN BOYS~ペトロ―ルズのフュージョンとミクスチャーした新しいタイプのポストロック、いわゆる「フュージョン的ポストロック」と言うべき音楽の最先端にいるバンドこそ、ペペッターズである。

『materia=material』の肝となる部分はビートとコーラス・ワークである。例えばビート。彼らの楽曲は一聴するとフュージョンらしい、スムーズな音運びと洒落たサウンドであり、それこそ2000年代のポストロックのような明らかな変拍子、ポリリズムなどは使用していない。しかし例えば“飛ぶ”を例にすると、サビで4ビートと2ビートが交差させていたり、“語弊願望”冒頭でのドラムの間の取り方や各楽曲のプログレ的な展開の多さなど、至る所にポストロック的なエッセンスが散りばめられている。つまり彼らのサウンドはZAZENBOYS、ペトロ―ルズの「フュージョン的ポストロック」をやっているのだが、彼らの面白さは「コーラス」でこの音楽を更新しようとしているところだ。

 

彼らが初期からやっているナンバーに“アザラシ”という楽曲がある。この曲は現在でもYouTubeで聴けるのだが、『materia=material』ではこの曲を再録している。そして再録されたバージョンを聴くと、3ピースとしては異常なくらいに様々な音が飛び交っていることがわかる。

そしてその音数が増えた原因を探求すると、コーラスがボーカルと合わせるだけでなく、音の一部として楽器のように扱われているということに気がつく。そしてこの曲だけでなくアルバム全体を通しても、コーラスが四方八方から聴かせる作りになっている。このため、フュージョンの持つ滑らかなサウンドでありながら、自由に飛び交うコーラスがフックとなり、立体的な音響的空間を作りだしているのだ。

 

ちなみに彼らの影響を受けたバンドの一つはペトロ―ルズであり、確かにサウンドだけみればペトロールズの轍を歩んでいるように感じられる。しかしコーラスを楽器のようにした音作りは、フュージョン的ポストロックをタイトに作ろうとしてきたペトロ―ルズとは、別の方向へ舵を取ったともいえ、それこそがペペッターズのオリジナリティだと結論付けられる。そう考えた時に『materia=material』はフュージョン的ポストロックのネクスト・ステージと言うべき作品ではないだろうか。

WRITER

RECENT POST

SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
【3×3 DISCS】Easycome – お天気でした
REVIEW
【3×3 DISCS】相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
【3×3 DISCS】CAMERA TALK – FLIPPER’S GUI…
REVIEW
【3×3 DISCS】Guppy – Charly Bliss
REVIEW
【3×3 DISCS】Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gi…

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。