REVIEW
歌葬
てら
MUSIC 2019.01.11 Written By 峯 大貴

夜な夜な登場したステージでの、目の焦点をあちらこちらに飛ばしながら、尻を突き出し、ギターを弾いて歌うその所作ったら。2018年はしばらくのライヴ活動休止を表明したと思いきや、一緒にスプリット・アルバムをリリースした経験のあるバレーボウイズが音楽を務める映画『下鴨ボーイズドントクライ』の主要キャストとして役者デビューしちゃうその跳躍ぷりったら。大阪人丸出しの屈託なく憎めないキャラクターも含めて、その魅力のつかみどころは難しいが、ひとまずこの自己紹介に尽きるのだ“俺、「てら」ってんだ”

 

2008年頃から歌い始め、お米、寺内将明と名義を変えつつ活動してきた大阪在住シンガーソングライターてらによるこれまでのキャリアを総括するベストアルバム的歌集『歌葬』。ライヴでの弾き語りとは違い、一人多重録音で打ち込みやエフェクトも過剰に含まれたアシッドでくぐもった質感は銀杏BOYZ『光の中に立っていてね』『BEACH』にも通じるカオス状態だ。しかしそんな押し寄せる音の壁を全身で浴びるというよりは、サウンドの中からにじみ出る濃厚で不安定なフォークの情緒と、歌物語にどんどん泥酔していくような聴きごたえが本作の肝のように感じる。またその歌声は同世代である安部勇磨(never young beach)や角舘健悟(Yogee New Waves)とも肩を並べるいなたさを残した色気を放つが、楽曲によっては知久寿焼、友川カズキ、友部正人など日本のフォーク・シンガーの影響を思わせる声色ものぞかせているのが面白い。

 

歌われるのは常にてら自身のドキュメンタリーである。2019年には30歳を迎える中で今や娘もいる人生の幸せを噛みしめる冒頭の“三十路”、酒に呑まれてばかりの日々が描かれる“十三どうでしょう”や“午前五時の味園ビル”、しそ焼酎への愛が最後には“カノン”のメロディーに乗せて歌われる“鍛高譚”、彼なりのプロポーズソングのようだが「真っ赤なゲロ」というワードも出てきてやはり泥酔状態である“信号”を始め、だらしなくて愛おしくて不条理で、そしてグロテスクなまでにリアルな生活の歌に溢れている。

 

白眉は打ち込みも排され歌詞がむき出しとなった弾き語りでのラスト2曲。“とーさん”は実父の最後に際して語り掛けていく9分に及ぶ大作。病床の丁寧な描写から想いが溢れ絶唱になっていく様が胸に迫る名演だ。そして“三十路”にも店名が登場する両親が営む居酒屋を歌った“さわ”は店が潰れるまでの顛末を描く。壮絶で粗雑な環境だが確かな両親からの愛を感じる歌詞描写と歌唱には、現代版“ヨイトマケの唄”のような凄みすら感じる。父と、実家が営む店という今は亡き自身のアイデンティティーを強烈に形成したものへ送る2曲で幕を閉じる仕上がりは、正に「歌」での「葬り」だ。

 

ここまで音楽に自分をさらけ出せる人がいるだろうか。生々しくて酒臭い生き様が刻まれた、てらのハード・フォークに乾杯を。

WRITER

RECENT POST

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
【3×3 DISCS】イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
【3×3 DISCS】原田知世 – music & me
REVIEW
【3×3 DISCS】Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。