NEWS

TENDOUJIが『FABBY CLUB』収録曲の”Garden”と”Peace Bomb”の2曲をミックス違いで7インチ化!

MUSIC 2019.01.08 Written By 乾 和代

500枚限定7インチはライブ会場とFLAKE RECORDSで先行発売中。一般発売は1月23日。

昨年12月15日、TENDOUJIの全国ツアー「爆発」の名古屋公演にて突如、4th EP『FABBY CLUB』から、新たにリミックスされた”Garden”と”Peace Bomb”が収録された500枚限定の7インチレコードの販売が物販にてスタート。販売元のFLAKE RECORDSでも同じタイミングで先行販売されているが、ついに1月23日にTOWER RECORDSHMVなどでも一般発売される。

Peace Bomb (MV)

サンフランシスコの Decibelle Recording Studioでレコーディングされた本作は、リミックスされたことで”Garden”はリバーブが効いてさらにメロウな雰囲気に、”Peace Bomb”はゴリっとしたギターサウンドが心地いい、EPの音源との違いが楽しめる仕上がりになっている。

 

2018年3月にはアメリカ最大級のフェス「SXSW」、夏には「RUSH BALL」に出演し、「BAY CAMP 2018」ではFILED of GARAGEのトリを務めるなど、昨年は彼らにとって飛躍の年となったといえるだろう。2019年はTEENAGE FANCLUBの日本公演(大阪・名古屋)のサポートアクトも決定し、さらなるブレイクに期待がかかる彼らの限定7インチ。ぜひ、この違いをあなたの耳で確かめていただきたい。

発売日

2019年1月23日(水)

先行販売

FLAKE RECORDS

ライブ会場(※会場にてお問い合わせください。)

関連リンク

http://thetendouji.com/

http://www.flakerecords.com/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
【3×3 DISCS】Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
【3×3 DISCS】The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。