EVENT

Superfriends presents “My Blue Album”

MUSIC 2018.12.25 Written By 乾 和代

結成13年目にして初となる流通作品『Superfriends』を11月21日にリリースしたSuperfriendsのレコ発がついに、12月30日(日)に京都二条のLive House nanoにて開催される。京都で結成されギターポップ、パワーポップファンから絶大な人気を誇ってきた3ピースバンドSuperfriendsのアルバムを心待ちにしていたファンも多いのではないだろうか。

本作の発売決定から約70日間、彼らが毎日更新してきたSuperfriendsのtumblrでは、アルバムの全曲解説やバンド結成からこれまでを綴ったテキストも公開している。

 

Superfriends (2018 New Album Trailer)

今回のライブだが、メンバーの3人だけでなく、ギターリストのショーハシ(The World Will Tear Us Apart / ラグチューシャック)やサックス奏者の山本健二も加わるという豪華な編成。なんと、新曲も披露されるという話も聞いている。このレコ発を一緒に祝ってくれるゲストバンドはEasycome 、Ribet townsの2組。そして、DJの Junichi Yokochiがフロアを盛り上げてくれるだろう。

 

最後に、本作のリリースにあたり、ナードマグネットの須田が次のようなコメントを寄せている。

「京都nanoでのライブに胸を撃ち抜かれてから、かれこれもう10年近い年月を僕はこのメロディとともに生きてきたんだなあと、新たに生まれ変わった名曲たちを聴いて感慨深くなったのでした。すべての音が愛おしくて涙が出そうになります。墓場まで持って行くアルバムがまた1枚増えちまったよ塩原くん…。」

須田亮太(ナードマグネット)

まさに、須田が胸を撃ち抜かれたライブハウスで、彼らのライブを体感していただきたい。

日時

2018年12月30日(日)

open 18:30 / start 19:00

場所

Live House nano

料金

[adv] ¥2,000+1ドリンク

[door] ¥2,500+1ドリンク

[学割]¥1,500+1ドリンク

※学割は当日受付にて学生証を提示お願いします。

出演

LIVE : Superfriends / Easycome / Ribet towns

DJ: Junichi Yokochi

予約

※前売りメール予約 ticket@secondroyal.com 

 公演日・公演名・お名前・枚数を明記ください。

※Live House nanoのチケット予約フォーム

※もしくは、出演する各バンドにお問い合わせください。

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
【3×3 DISCS】Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
【3×3 DISCS】The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

INTERVIEW
ただ“おもろい”と思うことをやっていたら、いろんな「無い!!」に気づいた〈トマソンスタジオ〉インタビュー

特集『言葉の力』の企画として本記事では、自らの思想をどのようにして言葉に乗せ発信してきたのかを探る。…

REVIEW
ザ・ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(1972年)

INTERVIEW
どうやって作られているか知るために現場を開く。建築集団「々」野崎将太 インタビュー

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。